駆け込み 訴え。 太宰治「駆け込み訴え」を読んで

駈込み訴え

」とはっきり言っているので、裏切る前から自殺を決めていたことになります。 あの人が若いなら、私だって若い。 ユダが受け取った理由は・・・ 自分が商人だから。 美しい桃の畠も無い。 旦那さま、泣いたりしてお恥ずかしゅう思います。

もっと

今学校の授業で、太宰治の駆け込み訴えについての論文を書いています。私はイ...

あの人は自分の逃れ難い運命を知っていたのだ。 春、いまごろは、桃の花が咲いて見事であります。 そのため、ユダにとって銀貨30枚が本当に必要だったとは思えず、「金が欲しくて訴え出たのでは無いんだ。 と多少不満げに口を 尖 ( とが )らして尋ねました。 斯 ( かく )のごとく汝らも外は正しく見ゆれども、内は偽善と不法とにて満つるなり。

もっと

愛という憎悪…太宰治著「駈込み訴え」、読了して。

金銭ゆえに、私は優美なあの人から、いつも軽蔑されて来たのだっけ。

もっと

太宰治『駈込み訴え』|太宰が描いた男と男の愛憎劇

大宰の「駆け込み訴え」 ものすごい萌えるのねこの話が キリストを銀30枚で売ったユダの話なのですが というかユダが今まさにキリストの居場所を告発している台詞で構成されてる小説なんだが なんていうかヤンデレというのか ヤンデレって言葉で片付けていいのか 「私はあの人を愛している。 おゆるし下さい。 取りかえしの出来ぬ大醜聞。 私は、ちっとも泣いてやしない。 私はあの人と同じ年だ。

もっと

太宰治 駈込み訴え

あの人は、誰のものでもない。 他人の手で殺させたくはない。 一日も早くあの人を殺してあげなければならぬと、私は、いよいよ此のつらい決心を固めるだけでありました。 あの人を、殺そう。 悪魔に 魅 ( み )こまれたのかも知れませぬ。 新潮カセットブック『駈込み訴え・』(、1988年2月)が発売されている。

もっと

労働基準監督署に駆け込むと会社から訴えられる?労基署の正しい活用法

寂しいときに、寂しそうな 面容 ( おももち )をするのは、それは偽善者のすることなのだ。 永遠に解け合う事の無い宿命が、私とあいつとの間に在るのだ。 これが「人を愛する」ということか……と思わず息を飲む。

もっと

駈込み訴え

この意味で、太宰は、その試みが西欧的な核の総体を意味しないにしても、「西欧の人間観の根本になっているキリスト教的な考え方」・「西欧の人間観の核を初めて本格的に自分の文学の作品の問題にした」。 あの人を他人に手渡すくらいなら、手渡す前に、私はあの人を殺してあげる」 告発の台詞の最初の部分は自分がいかにキリストを愛しているかということ キリストはでたらめな男だけどその美しさだけは信じられるということ で途中はしょって キリストのお母さんじゃない方のマリアね そのマリアが誤ってキリストに香油をぶっかけてしまうのね そして謝るどころかマリアは落ちついてしゃがんで自らの髪でキリストの足をぬぐってあげるの それを見たユダが怒って失礼なことするな!香油も無駄になったやん!って怒るんだけど キリストはユダをたしなめてマリアをかばうのね そのキリストの表情にマリアへの恋心を見てとったユダ ユダ絶望 そんな百姓女なんかになんでどーしてどーして!?と嫉妬 もうあの人はヤキがまわった、ただの凡夫だ、 「だらしが無え」 (余談ですが大宰で萌えるのはこういう文) とキリストに絶望 そしてまぁ色々あってキリストが長老とかに捕えて殺されようとしてること 居場所を教えたものは銀30枚もらえることを聞き それじゃあ自分が「純粋な愛の行為」として売るしかねえ 誰にも理解されない愛だろうけど と決意 そしてあの有名な最後の晩餐の場面 キリストは弟子たちの足を一人ずつ洗ってあげはじめた そしてユダは「ああこの人も不安なんだろう、誰かにすがりたい気持ちなんだろう」とキリストへの愛情がまた燃え上がり 売ろうとしたなんて自分はなんてことを!ゆるしてください!あなたは正しい!あなたには誰も指一本触れさせない、みんなで逃げよう的なことを思って胸いっぱいになるユダ そして足を洗われるユダ ここの描写が何かエロくて良い 「天国を見た」って形容がえろい 感無量のユダ しかしキリストがしばらくして一言「みんなが潔ければよいのだが」 この一言にユダびっくり 違う!確かに売ろうとしてたけどでも今は違う!違うのに! でも何も言えないユダ あの人が言うならやっぱり自分は潔くないのかも やっぱり自分は嫌われてるんだ やっぱり殺そうと思うユダ この中に私を売ろうとる者がいる、とキリスト 弟子たちはうっそーもしかして自分ですか!??とびっくり キリストはその一人に今からひとつまみのパンを与えます、と 「ほんとうに、その人は、生まれて来なかったほうが、よかった。

もっと

「駈込み訴え」のあらすじ~ 太宰治の考察・イエスとユダの関係は的を得ているかも

あの時、イエスは突然弟子たちの足を順番に洗っていったのですが、弟子たちは訳も分からず慌てふためきイエスにそんなことをやめるようにいう者もいました。

もっと

太宰治『駈込み訴え』におけるイスカリオテのユダ

ああ、もう、いやだ。 はじめから、みじんも愛していなかった。 ポイント2 聖書「マリアはよい行いをした」 太宰「マリアはイエス様を誘惑した」 キリストの近くには、マリアという若い女性がいました。 あらすじとしては、あのを裏切った13番目の男・の ユダの告白を疾走感あふれる独白的な文体で著した作品です。

もっと