タフト ダイハツ。 【ダイハツ タフト 新型試乗】ファーストカーに選んでもいいと思える軽SUV…丸山誠

ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 遅れてきた挑戦者

「G」系はオレンジの骨格で囲んでメーターを個性的に仕立てた。

もっと

ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】

後席も平均的な日本人男性がゆったりと足を組めるだけの居住性を確保している。

もっと

タフト/ダイハツ|クルマレビュー

そのほか、路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能、標識認識種類増加(従来の進入禁止に加え最高速度、一時停止)などの新機能が加わった。 もちろん、それはイメージ上のこと。 展示車両のスペックは、ボディサイズが全長3395mm、全幅1475mm、全高1630mm。 他車の同様のシステムも同じような制御をしているのだが、軽自動車用の一般的なパワーステアリングは制御がきめ細かくはないからか、動きが粗くて気になってしまう。 意外?なタフトのネーミング 年齢が50歳前後の方には『タフト』というネーミングを聞いて懐かしいと思う方も多いはずだ。 リアが若干延長され、全長が3,485 mmに変更。

もっと

軽SUV「タフト」が販売好調 ダイハツが見つけたある空白地帯:日経クロストレンド

販売好調のハスラーの対抗馬であること、かつて存在したダイハツのSUVのタフトの名前が復活したことなどもありデビュー前から話題性充分だった。 軽自動車に限ればSUVは未開拓なジャンルであり、スズキ一強といってよい領域だったのだ。 5代目、2代目に次いで3車種目の採用となる• 軽自動車でライバルのダイハツは、そこに勝負できる空白地帯があると踏んだ。 - 機能説明のために各ランプを点灯したイメージは、実際の走行状態を示すものではありません。

もっと