飯野 海運。 飯野海運 (9119) : 株価/予想・目標株価 [IINO KAIUN KAISHA,]

【銘柄分析】飯野海運(9119)|不動産含み益が豊富な海運会社

もう一つが船舶をその最高速度よりも低い速度で航行する「減速航行」の取り組みが広がることです。 《ST》. 当第2四半期連結累計期間の業績は大型ガス船やドライバルク船等の市況が上昇したこと等から直近の業績予想を上回った。 を設立する。 12月 - 泰邦商事株式会社を設立する。 主に試写会やセミナー、舞踊発表会などに使用されている。 イイノマネジメントデータ - 情報通信業• 2月 - 飯野システム株式会社を設立する。

もっと

【銘柄分析】飯野海運(9119)|不動産含み益が豊富な海運会社

2021年3月期期末配当予想は、6. そうした中、飯野海運は不動産というもう一つの事業の柱を持つことで、独立系のポジションを守り続けてきたのです。 2020年3月期末時点のグループ運航船舶数は合計105隻(社船54隻、用船51隻、共有相手持分及び短期用船を含む)である。 - 、QATAR SHIPPING COMPANY と合弁で QIM TRANSPORT INC. 逆に言えば、最高速度の50%水準で航行すると、燃料消費量は50%よりも大幅に節約できることとなり、高価な燃料費を下げられます。

もっと

【銘柄分析】飯野海運(9119)|不動産含み益が豊富な海運会社

飯野海運のみんかぶ目標株価は「480円」で【買い】と評価されています。 ) 他方、船舶の航海期間が長くなるため市場に供給される輸送距離ベースの船腹量は押し下げられるため、こちらも市況の押し上げ要因となります。 自社による輸送ビジネスのほか、国内外の商社・エネルギー関連企業に対しての貸船ビジネスも営んでいます。 更に、2021年度(翌々年度)より新橋田村町プロジェクトの賃料が上乗せとなります。 (CO2排出量の削減にも繋がります。 11月 - 飯野ビルの建替えに伴い、本社を東京都1-7-13のに移転する。 2011年10月、東京・霞ヶ関に竣工した飯野ビルディングをはじめ、首都圏中心部に5棟のオフィスビルを所有。

もっと

【特集】バリュー株の一角を占める海運株と地銀株、グロース関連の小型株に注目

- 本社ビル内で運営する飲食モール この項目は、に関連した です。 また新橋田村町地区市街地再開発事業(東京都港区、2018年4月建物着工、2021年6月末竣工予定)への参画のため、2018年3月期に東京桜田ビル(東京都港区、1967年竣工)を解体した。 - 定期航路の運航を開始する。 関連会社 [ ] グループ会社は70社あり、うち連結子会社は57社である。 この結果、2020年3期末時点の所有賃貸ビルは6棟(飯野ビルディング、東京富士見ビル、汐留芝離宮ビルディング、NS虎ノ門ビル、飯野竹早ビル、ロンドンBRACTON HOUSE)となっている。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 5月 - に上場する。

もっと

憌舫�瘚琿��芸�隡冗�格�乓撘瑯�餃摹�踴蝡嗅�隞冗���璆剔�蝛嗉�鈭�

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 2017年12月にはNS虎ノ門ビル(東京都港区、2016年竣工)の一部持分を取得した。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 また、レンタルフォトスタジオ事業(広尾スタジオ、南青山スタジオ)など関連事業も展開している。 私たち飯野海運は、1899年の創業以来、原油をはじめとするエネルギー輸送のスペシャリストとして、日本の海運業界の歴史に名前を残し続けてきました。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 376円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 638円 と判断されています。

もっと

飯野海運 Research Memo(3):海運業(外航海運業、内航・近海海運業)と不動産業を展開

。 10月 - 千代田石油株式会社を設立する。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. ステンレス製タンクに加えて、タンク洗浄など石油化学製品輸送に要求される高度な船舶管理ノウハウ、さらには効率的な輸送ノウハウを有していることが、同社の競争優位性につながっている。 ケミカルタンカーやガスキャリアなどによる資源・エネルギー関連輸送を主力として、グローバル・ネットワークを駆使した効率的な輸送で、遠洋から近海にわたる幅広い水域で海上輸送サービスを提供している。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 これは、飯野ビルディングに本社機能を構えていたゆうちょ銀行・かんぽ生命保険が、「大手町プレイスウエストタワー」に移転することで、空室が発生したことによります。 同社が運航するケミカルタンカーの多くはステンレス製タンクを有していることも特徴だ。

もっと