ポリ オキシ エチレン アルキル エーテル。 界面活性剤の主な性質と種類

職場のあんぜんサイト:化学物質:GHSモデル SDS情報

適切な保護眼鏡、保護面を着用すること。 96 (2005)に毒性試験データの記載があるが既存分類がないため、専門家の判断に従い、分類できないとした。 さらに最近登場した糖類(ぶどう糖等)を原料とするアルキルポリグリコシドは、皮膚刺激性が非常に低く、洗浄力や起泡力に優れた界面活性剤として注目されています。 すべての安全注意を読み理解するまで取扱わないこと。 飲み込まないこと。 花粉をつきにくくする• 生殖毒性 データがないので分類できない。

もっと

ポリオキシエチレンアルキルエーテルは悪者じゃない!でも赤ちゃん用なら違うの使ってみない?|こころにぷらす

眼に対する重篤な損傷・刺激性 CERI・NITE有害性評価書 No. 吸入 吸入(ガス): GHSの定義による液体であるため、ガスでの吸入は想定されず、分類対象外とした。 汚染容器及び包装 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規並びに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う。 生殖細胞変異原性 CERI・NITE有害性評価書 No. そして 「ポリオキシエチレンアルキルエーテル 」せっけんではない、もう1つの方の「合成界面活性剤」に属してるわけなのです。

もっと

化学物質DB/Webkis

参考文献 [ ]. かずのすけさんのブログでも化学的な話で書いてはありますが、こんな私でも大体は理解できたので(わりと)わかりやすく書いてあると思います。

もっと

「よくわかる!化学物質

シワを防止する といったメリットもある為、使いたいお母さん達も多いはず。 えみも、ポリオキシエチレンアルキルエーテルの入った洗濯洗剤を赤ちゃんの衣類洗濯に使った事がある 実は何を隠そう、私えみも「ポリオキシエチレンアルキルエーテル」の入った洗濯洗剤を我が子が赤ちゃんだった時に赤ちゃんの衣類の洗濯用として使ってた過去があります。 ポリオキシエチレンアルキルエーテル ってそもそも何?赤ちゃんに使っていいの? みなさんは 「界面活性剤」って聞いた事ありますか? 界面活性剤とは、異なる物質の表面(界面)に働きかけて仲を取り持つ役目のものです。 界面活性剤の主な性質 ひとつの分子の中に親水基と疎水基をあわせもつというこのたいへんユニークな化学構造のため、界面活性剤はいろいろな性質を示します。 ばく露を防止するため、装置の密閉化又は局所排気装置を設置すること。

もっと

アルコール・エーテル系ノニオン界面活性剤|ノニオン界面活性剤|構造別製品リスト

なんか界面活性剤って聞いただけで嫌悪感を感じてしまいますが、実はせっけんも「界面活性剤」の1つなんです。 医薬品 [ ] ノノキシノール-9はとして使われている。 局所排気・全体換気 『8.ばく露防止及び保護措置』に記載の局所排気、全体換気を行う。

もっと

ノニルフェノールエトキシレート

漏出物は回収すること。 5版)を使用 物理化学的危険性 火薬類 分類対象外 可燃性・引火性ガス 分類対象外 可燃性・引火性エアゾール 分類対象外 支燃性・酸化性ガス類 分類対象外 高圧ガス 分類対象外 引火性液体 分類対象外 可燃性固体 分類できない 自己反応性化学品 分類対象外 自然発火性液体 分類対象外 自然発火性固体 分類できない 自己発熱性化学品 分類できない 水反応可燃性化学品 分類対象外 酸化性液体 分類対象外 酸化性固体 分類できない 有機過酸化物 分類対象外 金属腐食性物質 分類できない 健康に対する有害性 急性毒性(経口) 区分4 急性毒性(経皮) 分類できない 急性毒性(吸入:ガス) 分類対象外 急性毒性(吸入:蒸気) 分類できない 急性毒性(吸入:粉じん) 分類できない 急性毒性(吸入:ミスト) 分類対象外 皮膚腐食性・刺激性 区分2 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性 区分2 呼吸器感作性 分類できない 皮膚感作性 分類できない 生殖細胞変異原性 分類できない 発がん性 分類できない 生殖毒性 分類できない 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) 区分2(消化器系) 特定標的臓器・全身毒性(反復ばく露) 分類できない 吸引性呼吸器有害性 区分1 環境に対する有害性 水生環境急性有害性 区分2 水生環境慢性有害性 区分2 ラベル要素 絵表示又はシンボル 注意喚起語 危険 危険有害性情報 飲み込むと有害 皮膚刺激 強い眼刺激 消化器系の障害のおそれ。 重量物を上積みしない。 5) 可燃性固体 分類対象外 自己反応性化学品 分類対象外 自然発火性液体 区分外(エチレンオキシドの付加モル数9. 非イオン界面活性剤は分子内の主要な結合の仕方により、エステル型、エーテル型、エステル・エーテル型およびその他に分類されます。

もっと