ラーメン めじろ。 ラーメン界のロックスターが湘南に!父の味を追いかけ続ける「渦雷」誕生秘話

麺屋めじろ@薩摩川内市

どこに出来るの? 海外プロデュースがあったり、その他にも海外からのオファーもあったりするそうですから、今後の展開が楽しみですよね! ブログには、シンガポールに出張に行かれている様子もありました。 卓上にはコショウや唐辛子が用意してあります。 2015年に惜しまれながらも閉店した広島ラーメン小鳥系の老舗、すずめ。 味噌RAMENに使われている味噌タレを、そのまま野菜につけて食べることができちゃいます。 場所は藤沢の『小鳥の街』っていう、いわゆる、もともと赤線地帯だった地域。

もっと

めじろ

当時の「めじろ」は「藤沢駅北口入口」交差点の脇にあり、スナックを改装したようなちょっと入りにくい店構え。 食べてみたかった……! これからも進化し続ける芳実さんのラーメンがとても楽しみです。 「その企画にうまく乗れて業績も上げていくことができたけど、あの不安と焦りに追い詰められる半年がなかったら、今の自分はなかったと思う。 個人的にはこってり系が好みですが、お腹に優しい昼ご飯にグッドなラーメンです。 でも、それでいいと思ってるんだ」 理想が推進力を与える 芳実さんが、何度も「 理想」という言葉を使っていることが印象的でした。 。

もっと

麺屋めじろ@薩摩川内市

かすかに素材からの風味も味わえました。 メニュー メニューは昔ながらの中華そば、こってり背脂中華そば、こってり背脂焦がしにんにく風味の三本立て。 「すずめ」の店主、関上 卓爾はまずチャルメラを吹きながら歩いた。

もっと

麺屋めじろ@薩摩川内市

現状維持は退化の始まりだし、それが原因で廃業してる同業者もいる。 これが現在の 広島ラーメンの原型と言われます! 「 しまい」の遺伝子はやがて「 陽気 今の「中華そば 陽気」 」へ受け継がれていきます。 修行ののちに「すずめ」の大将からお墨付きをもらって なんと!同じ場所に開店したんだそう。 ある日の夜営業では『 エシャロットとラディッシュの味噌RAMENタレディップ』がありました。 もうちょっとよく見てみましょう… ネギやもやしの量がけっこうたくさん入ってますね! ガッツリ系ではなく、サラッと仕事の合間とか家族でかき込むラーメンという感じ。

もっと