中体連 中止。 中体連 田川地区大会開催へ コロナ状況踏まえ6月末最終判断|2020年05月31日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社

宮城県中総体も中止 1952年の開始以来初

「何らかの形で活躍の舞台を整えたい」と考え、群馬陸協などの外部団体とも連携する構えだ。 例年、全国6000校以上から選手が参加し、第1回大会でおよそ2万人だった選手数は昨年度、およそ2万8000人に増えました。 県中体連は郡市や競技部の意見を聴取して開催可否を議論した結果、競技会場で「3密」(密閉、密集、密接)の徹底した回避は困難との意見が大勢を占め、選手や保護者、競技関係者の安全確保のため中止と結論づけた。

もっと

宮城県中総体も中止 1952年の開始以来初

半世紀を超える歴史で初めて中止となった(写真は昨年の開会式) コロナ感染症の拡大を受け、群馬県中学校体育連盟(清水淳会長)は19日までに、今夏に開催予定だった第55回県中学校総合体育大会の中止を決めた。 3年生に気持ちの区切りをつけさせてあげたい」と語った。 高校スポーツでは、高体連の加盟団体がことし3月に開く予定だった全国大会がすべて中止になったことに加え、今回、全国高校総体も中止になったことで、3年生にとっては「最後の夏」を迎えられない厳しい現実を突きつけられる形となりました。 このため高体連は急きょ去年になって、30の競技を北は東北から南は九州まで全国21の府県に分散させて開催する異例の決定をしました。 中体連は4月16日に臨時理事会を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で取りやめ、開催可否について総合的に判断するため、理事から文書で意見を募っていた。

もっと

京都府中学校体育連盟事務局

ことしの全国高校総体の準備は険しいものでした。 同中学校体育連盟(会長・齋藤範夫羽黒中校長)が29日、大会開催の意向を鶴岡市教育委員会や各中学に通知した。 新型コロナの影響で今月16日に予定していた中体連の臨時理事会が中止となり、開催の可否を判断するため文書で意見を募っていた。 ただ他の試合に切り替えたい」と前を向く。

もっと

インターハイと全国中体連中止に思うこと

全国的にコロナの第2波を警戒しており、もし6月中、田川地区に感染者が出たら難しくなるケースがある。 来週にも都道府県レベルの中学校体育連盟などに通達する見通し。 「インターハイという大きな舞台を今年は用意することはできませんでしたが、皆さんの競技人生はこれで終わりではありません」などと語りかけている。

もっと

北海道中学校体育連盟

部活動やクラブチームが一緒に参加する県大会がまだ残されており、「県総体2連覇を目標にしていたので中止は残念。 地域ごとに事情は違うため一律にはできないが、できるかぎりお願いしたい」と話しました。

もっと

中体連も大会中止、高体連は高校生に向けメッセージ

日本中学校体育連盟(中体連)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏に東海地方で予定される全国中学校体育大会(全中)を中止する方針であることが4月24日、関係者への取材で分かった。 また昨年男子の部で2連覇した白子中は全国中学駅伝で4位入賞し全国でも活躍した。 一方、夏の全国高校野球については高野連=日本高校野球連盟が、来月20日に開く大会の運営委員会で審議するということですが、今回の中止の決定が影響を及ぼすのではないかという指摘も出ています。 大会では19競技を実施予定だった。

もっと

夏の全国中学校体育大会 中止の方針で最終調整 中体連

1 全国的な中学校体育大会の開催 2 中学校体育に関する調査研究 3 各地域の情報及び資料の交換 4 都道府県中体連への助成事業 5 広報・会報の発行 2 上記の事業は、日本全国で行う。 また濃厚接触が危惧される柔道は全柔連から公式戦中止を通達されており、田川大会も行われないもよう。 地域別の大会は各支部と競技部の判断で開催できるが、通学再開など学校生活の正常化を待って議論が進むとみられる。

もっと

中体連 田川地区大会開催へ コロナ状況踏まえ6月末最終判断|2020年05月31日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社

今夏の東京五輪・パラリンピックの1年延期が決定し、全国に政府の緊急事態宣言が拡大される厳しい現状の中、義務教育であることも加味し、早期の決断を目指していた。 夏の近畿大会 全中予選 は尼崎~。

もっと