ムジカ エテルナ。 ムジカエテルナ + テオドール・クルレンツィス

テオドール・クルレンツィス指揮、ムジカエテルナ初来日プロジェクト! オール・チャイコフスキー・プログラム開催決定!

イーノが在籍したロキシーミュージックは、言うまでもなくニュー・ロマンティックの源流のひとつではあろうし、子どもの頃にパンク/ポストパンクに親しんだというテオが、イーノを無視できるはずもない。 セット券お買い上げのお客様を初日終演後のパーティーにご招待!初日の興奮を、アーティスト達と乾杯してお祝いしましょう。 そして、そうしたチューニングは、作曲者に対してだけでなく、共演者に対しても、さらには聴衆にたいしてもなされなくてはなくてはならない。 ソビエト崩壊後のロシアには新興宗教が数多く生まれとされるが、思い起こせば、オウム真理教がロシアに進出したのも、この頃だった。 「Surrender(降伏する、身をゆだねる)は能動詞なんだ。 緩徐楽章でさえ、クルレンツィスは音楽を息づかせ、有機的なメロディ・ラインを築く」(BR-Klassik) ベートーヴェンが指定したメトロノームの速度を順守する演奏は、今ではそう珍しいことではない。

もっと

クルレンツィス指揮,ムジカエテルナのベートーヴェンの「運命」

彼女は、そこで起きた変化をまったく理解できなかった。 そして、「こういう音であるべきである」と。

もっと

クルレンツィス&ムジカエテルナ~ベートーヴェン:交響曲第5番“運命”

テオは、楽譜を通した過去の作曲家との交感を、 「周波数・波長=frequency」ということばを用いて説明する。 私は日本の文化・日本の人々ををとても尊敬していますし、オーケストラの中にも日本の奏者の方たちがいます。 パトリツィア・コパチンスカヤ 写真=大森克己 デ・モニー いまのところ、日本で素晴らしい経験をさせていただいております。 クラシック音楽を新たな時代のなかへと救い出すチャンネルを、彼はサンクトペテルブルクの地下音楽シーンで見つけたに違いない。 「そこにはいったいなにがあるんですか? 」。 独SONY CLASSICAL 19075884972• それは演奏スタイルをはじめ、楽器の選択、奏法にまで及ぶ。

もっと

KAJIMOTO

日本のお客様の集中力、そして私たち音楽家や音楽へのリスペクトや、感謝の気持ちというのは、私たちにとってかけがえのない素晴らしい環境といえます。 日本の聴衆とチャイコフスキーとの出会いは、恋人関係のようです。 2019年11月には、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団へのデビューが決まっており、ムジカエテルナ合唱団を率いてヴェルディの《レクイエム》を指揮する予定である。 ギリシアからサンクトペテルブルクへ渡ることはとても自然なことだったのです」(クルレンツィス) 私服のファッションからもわかるように、クルレンツィスは生粋のニューウェイブ世代だ。 委ね、流れの一部になることで得られる自由。 そんな彼らが、ベートーヴェン生誕250年にあたる2020年、再び日本で旋風を巻き起こす!京都初公演のために選ばれたプログラムは、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」。 ジュリアの登場のソロのキュートさ、可憐さ ああ、もうたまらん(悶絶) 飛び交うブラボー・コール。

もっと

クルレンツィス指揮ムジカエテルナ2020年4月に来日公演決定! これはベートーヴェンイヤー最大の衝撃か!?

ロシアのいわく言いがたい闇の部分も含めて 音楽の深いところまで、ちゃんと考えている。 彼は言う。 先輩が楽屋を訪ねたら、上半身裸でソファーに寝っころがって自分で自分の頭をなでていた、とか、こういうのって本番へ向かう集中力を高め、エネルギーをためるための儀式なのかな?って(笑) 黒っぽい服、ぴったりした服、そうした装いも独特ですよね。 他とは違う何かフィルターを持って音楽を聴かれていると感じています。 私は通常の弓を短めに持って弾きます。 この来日が、私たちの素晴らしい関係の始まりであることを願っています」(デ・モニー) ムジカエテルナにとって変革の年とは? と司会の若林恵さんが突っ込むと、クルレンツィスからは予想外の回答が。 そして今日はありがとうございます。

もっと

クルレンツィス指揮ムジカエテルナ2020年4月に来日公演決定! これはベートーヴェンイヤー最大の衝撃か!?

彼は数千人とも言われる教団員とともに自給自足の自律的生活共同体をつくりあげた。

もっと