先 従 隗 始 現代 語 訳。 先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方4

『塞翁が馬(さいおうがうま)』原文・書き下し文・現代語訳

今(いま) - もともとは現在を表す意味だが、仮定を表す意味で、よく用いられる。 死を弔ひ生を問ひ、辞を卑くし幣を厚くして、以て賢者を招く。 」 隗の言うことには、「遠い昔の王に、涓人に名馬を求めさせた方がいた。 死馬且買之。 是(ここ)に於いて昭王隗の為に改めて宮を築き、之に師事す。 読みは「よ(り)」。

もっと

先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方4

』 馬今に至らん。 意味は「~から」。

もっと

高等学校国語総合/漢文/先従隗始

馬今に至らん。 得身事之。 近 二 キ塞上 一 ニ之人 ニ、有 二 リ善 レ クスル術 ヲ者 一。 has-amber-background-color::before,. 意味は「~させる」。 それから1年経って、胡が砦に攻めてきた。 「自分が自らやれ」という意味で使うのは適切ではない 「隗より始めよ」の本来の意味は「大事業をするには、手近なことから始めよ」ですが、「自分が自らやれよ」というニュアンスで、「言い出しっぺが、まずやってみせろよ」という攻撃的な感覚で使うのは適切ではありません。 涓人の言うことには、『死んだ馬でさえも 高く 買うのだ。

もっと

先従隗始のすごくわかりやすい現代語訳を教えて欲しいです。また、テスト...

has-ex-c-background-color::before,. 意味は「千里走る馬」。 青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・ 解説=赤字 塞翁が馬=人生においては、吉凶や禍福を予測することができないということのたとえ。 郭隗に尋ねて言うには、「斉は私の国が乱れているのに乗じて、襲ってきて燕を破った。 隗曰はく、「古の君に、千金を以て涓人をして千里の馬を求めしむる者有り。 転じて、一時の恥(降伏したこと)をしのんで、やがて大成することを言うようになった。 「 為り」は"たり"とよみ、断定の意で"~である"のように訳す。

もっと

先従隗始【せんじゅうかいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

いや~だ。 has-watery-yellow-border-color. 於 レ イテ是 ニ士争 ヒテ趨 レ ク燕 ニ。 燕人 えんじん、太子平を立てて君と 為 なす。 (いや、~ない。 今王必ず士を致さんと欲せば、先づ隗より始めよ。 夫九九薄能耳、而君猶禮之、況賢於九九乎? 夫太山不辭壤石、江海不逆小流、所以成大也。 馬(うま)今(いま)に至らん(いたらん)』と。

もっと

先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方4

是に於いて、士争ひて燕に趨く。 昭王は郭隗に次のように尋ねた。 今王必欲致士、先従隗始。

もっと

先従隗始 現代語訳・書き下し文・読み方

このことから「 役に立たないもの 」「 素性が知れない人物 」のことを日本で「 馬の 骨 」というようになったと思われる。

もっと

先従隗始のすごくわかりやすい現代語訳を教えて欲しいです。また、テスト...

此 レ独 リ以 二 テ跛之故 一 ヲ、父子相保 テリ。 しかし、死んだ馬に大金を出して持って帰りました。

もっと

「隗より始めよ」の意味と言葉の由来!英語と中国語も(例文付き)

今、王必ず士を致さんと欲せば、先づ隗より始めよ。 士 名詞。 has-watery-yellow-point-color. has-lime-background-color::before,. 読みは「きねん」。 今 王 誠に士を致さんと欲せば、 先ず 隈 (かい)從 (よ)り始めよ。 それで、立派な人物が争って燕にやって来た。 斉王出でて走る。

もっと