アーム ローテーション。 ゴルフスイングのアームローテーションのやり方とコツ

アームローテーションを意識しないスウィング作りを目指す│ゴルフを語る

実際に 最近のツアープロのほとんどは このようにフェースをシャットにしてクラブを振り上げている。 結論から先に言うと、 アームローテーションは行わないのがベストです。 - 47,850 views• 真っすぐ当たれば・・・ (アドレスに戻せれば) そうです! なかなか真っすぐに当たらないから 右に言ったり左に言ったりする訳ですよね。 その結果クラブヘッドが遅れてしまい、振り遅れてしまいます。 腕の振り方ばかりに囚われてしまうと、スイングで最も大事なものを見失ってしまいます。 例えば正面から見て、フェースを返そうとしているのに、右腕が左腕を追い越さなければ、単純にフェースターンせずに「ロフトが付いているだけ」といったケースも多く目にします。

もっと

初心者必見!ゴルフのアームローテーションの練習方法とコツ

アームローテーションをさらにパワーアップさせるドリルがあります。

もっと

欧米式アームローテーションの方法?【言葉に騙されていませんか?】

フェースを閉じてしまえば、腕ではなく体幹(ボディローテーション)により球を捕まえていく事ができるスイングになります。 この時、背中にタオルが当たるのを確認しながら、素振りができるようになるとアームローテーションにどのような動きが必要となるのかを実感することができるでしょう。 ポイントは、必ず右腕が左腕の上になります。

もっと

ゴルフ|アームローテーションの正しい動かし方とは?

アームローテーションのやり方 アームローテーションはまずバックスイングで右ひじを曲げながら腕を時計回りに回しトップでは右腕よりも左腕のほうが上になります。 それを早く自分の中に受け入れて修正することがとても大切です。 身体の回転と併せて、回旋する腕と連動して手首も回転をするということです。 行ったとしても必要最小限にとどめます。 絶対にフォローの時に左腕が右腕よりも上にならないことです。

もっと