奇人 たち の 晩餐 会。 洋画『奇人たちの晩餐会』は”大型連休”が終わった今だからこそ、おすすめのシュールなコメディ映画

映画「奇人たちの晩餐会」感想 バカが大暴れする傑作コメディ映画

古くは「宇宙戦艦ヤマト」のアナライザー、新しくは「名探偵コナン」の阿笠博士) 残念なことにピニョン役のジャック・ヴィルレは2005年1月28日に亡くなりました。 しかしピニョンは番号簿を一行間違えて、ピエールの浮気相手 マルレーヌに電話してしまう。 とにかくピニョンは天然のドンクサさでドジをふみまくります。 笑わせるために、コケたりぶつかったり物が落ちてきたりと動きで表現するパターンもありますが、この作品はほぼ 会話のやりとりだけで笑わせます。 遅れてマルレーヌもやってくるが、やっとそこでクリスティーヌとマルレーヌを勘違いしたことがわかったピニョンは「ああこれが色情狂のマルレーヌね」と本人の前で口にし、マルレーヌも呆れて出て行ってしまう。 でも、筆者は吹き替え版をあえて、おすすめします。

もっと

奇人たちの晩餐会

それをマルレーヌと勘違いしたピニョンは、悪態をついてクリスティーヌを追い返してしまう。 映画の表現は、空間の縛りというものから大抵無縁に展開しますが、舞台演劇の場合は様々な制約がある中で、壮大なスリーや長い時間に渡る出来事を表現していること、その凄さを間接的に実感しました。 呼び出されてこの喜劇に参戦するジュストが、常識人ポジションを取っているのも絶妙なバランスです。 S原:あくまで個人の印象やけど、のほうが、ガッチリつくっている感じはする。 最低映画館〜奇人たちの晩餐会(LE DINER DE CONS) 奇人たちの晩餐会 LE DINER DE CONS 仏 1998年 80分 監督 フランシス・ヴェベール 脚本 フランシス・ヴェベール 出演 ジャック・ヴィルレ ティエリー・レルミット フランシス・ユステール 最近、本当に面白いコメディというのがあまりない。 コンパクトに展開するコメディ 一夜の出来事としては信じられない密度の展開が繰り広げられますが、 空間的にはほとんどピエールの自宅を出ることなく話が進みます。

もっと

奇人たちの晩餐会とは

/「俺の見つけたヤツこそ、バカの中のバカだ!」/その名はフランソワ・ピニョン氏。 キャスティングも完璧です。 一旦電話を切り、もう一度電話が鳴るが、ピエールは電話に出るのをためらう。 。 ホロリとするラスト そして、『奇人たちの晩餐会』がただのコメディーで終わらないのは、ラストシーンにホロリとする感動があるからです。 彼はあなたのことを反省している。

もっと

AchieversKlub

主人公がバカな男(ピニョン)を見つけて、例の晩餐会に連れて行こうとするのがストーリーなんやけど、そのバカな男に散々主人公が振り回される…ありがちなコメディといえば、その通り。 この映画の魅力は、ピニョンが「愛すべき」馬鹿であるということ。 『ワンダとダイヤと優しい奴ら』の続編『危険な動物たち』も今一つだったし、映画版の『ビーン』もTV版には及ばなかった。 S原:結論からいうと、この映画は面白いねん。 ピエールは彼に頼んで医師を呼んでもらおうとするが、それはこの夜を通して続く喜劇の始まりであった。

もっと