鹿川 裕史。 1986年の自殺 岡田有希子と鹿川裕史君から学んだこと|中川淳一郎

【鹿川裕史】葬式ごっこには教師も加わっていた! 岩手のいじめ事件を忘れない・・・

お子さんが精神的に潰される前に転校してリセットした方がいいですよ。 記者は鹿川君事件が起きた当時、別の中野区立中学校の3年生だった。 実際には10月頃から学校を休みがちになっていた鹿川裕史くんだが、登校すると決まっていじめが起きる。

もっと

いじめ問題の歴史

しかも、葬式ごっこには担任ら4人の教師まで参加していた。 現在ならばいじめを起こした中心人物は、おそらくはTwitterなどで晒し上げにされて法では裁かれずとも、一般市民による見えない裁きが下されていたことだろう。

もっと

いじめ問題の歴史

やっぱりこういう虐めは学校や家庭の環境が、もっと子供のことをサポートしてあげる体制になってないからおこるのか? 本当は、一人一人が愛情に飢えてたから、そういう虐めが出てきたのか。 プロレスごっこと称して、技をかけられたりするようになり、さながら鹿川裕史くんは他の同級生から見ても『サンドバッグ』状態であったという。 そして、恐ろしいことに、この寄せ書きには4人の教師も参加していたのだという。 その間に、いじめグループの生徒たちは、鹿川裕史くんのスニーカーを便器に放り込み捨てるという行為を行っている。

もっと

『「葬式ごっこ」―八年後の証言』(豊田充)の感想(9レビュー)

>番組名を教えていただけると嬉しいです。 鹿川裕史くんのいじめに対して教師は何をしていたのか? この当時の中野富士見中学において、非常に目立っていたと思われる鹿川裕史くんに対するいじめ。 これ以外にも、被害者である生徒のの自宅にまで嫌がらせが発生し、遺族が二次被害を受けることとなった。 『 ふろはいれよ あたまあらえよ きくもんあらえよ また来週!』と書いていたのは、グループの一人。 09年には「いじめ総合対策」を決定し、〈1〉早期発見〈2〉迅速な対応〈3〉保護者や地域との連携などを柱としている。 知人のお子さんは登校拒否寸前になるまで黙っていたみたいで、事の重要さに気がついた知人は翌日、家庭の事情のため転居することになったから準備のため明日から子どもを休ませますと子どもを学校に行かせず隣市で転居先を慌てて探して書類上転校したそうです。

もっと