はてな イリュージョン 最終 回。 「はてな☆イリュージョン」レビュー

「はてな☆イリュージョン」レビュー

ディナ・キャメロット 声 - グレゴリーの弟子。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 そこで出会ったのは幼い頃に遊んだ記憶がある星里果菜、通称「はてな」だった… ドタバタした東京生活の中では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 作画がビミョー。 王道系のラブコメのような気がします。 季節すら変わってしまっており、11話を見てるときは 暖房をつけてたはずなのに最終話を見るときにはクーラーを付けている。 制作側の「やる気」というのを感じない。

もっと

「はてなイリュージョン 12話(最終話)」レビュー

。 内田陽子• 本当に意味がわからない。 顔の大きさが変わったり、目はほとんどまばたきしなかったり 背景もベタってした感じ。 2020年1月から3月の第11話までほかにて放送されたのち 、諸事情により延期していた第12話が同年6月に放送された。

もっと

はてな☆イリュージョンとは (ハテナイリュージョンとは) [単語記事]

ド定番すぎる「ヒロインがお風呂から上がったらそこに主人公が入ってきて」 という他のアニメで百回は見たようなシーンもあるものの、 特にそこに「ラッキースケベ」らしいセクシーさや ヒロインの可愛らしさの表現があるわけでもない。 久しぶりに再開した主人公とヒロインは幼馴染であり、 ヒロインにとって主人公は「王子様」であり、昔、野良犬に襲われた時に 助けられたことから主人公を「王子様」と思っており、 何年も会ってなかったのにヒロインは今も主人公のことが好きだ。 アニメーションプロデューサー - 神部裕彦• 他人に推すかと言われたら、お話が中途半端で終わっているので躊躇します。 ヒロインの妹が学校に行くいかないという話も、 4話、5話、6話と3話も引っ張る。 。 もう少し展開等見せ方を工夫しないと面白くならないかも。 ただのやっつけ仕事だ。

もっと

「はてなイリュージョン 12話(最終話)」レビュー

これで原作者が存命ならここまでいらだちを感じなかったかもしれない。 初回はほんと登場人物の顔見せだけで終わった印象だ。 最終話は毎日放送の放送から30分後に配信。 。 作画のクォリティは作画崩壊レベルであり、縮尺が変わりまくり、 キャラの顔のデザインも変わりまくり、バースも狂いまくって見れたものではない。

もっと

「はてな☆イリュージョン」レビュー

作品全体としての方向性が最終話でもブレている感じが強く、 結局この作品で何がしたいのかよくわからない作品だ。 ください。

もっと