ウイン ブライト。 JRA松岡正海騎手「落馬」担架で搬送……昨年の最優秀4歳以上牡馬ウインブライトの騎乗にも影響か

JRA「困窮」ウインブライト陣営に「崩壊の足音」? 香港C制覇でも畠山厩舎の「将来不安」如実

10番人気で出走した阪神JF(G1)では、断然の1番人気に推されたメジャーエンブレムに続く2着と大健闘した本馬。

もっと

【香港カップ】連覇目指すウインブライトが松岡背に追い切り「動きがガラッと良くなった」

ここに限ったことではないだけに、業界関係者を巻き込む一大騒動になるかもしれません」(競馬関係者) 好事魔多しといったところだろうか。 今日の動きで目途がはっきりと立ちました。 続けて、「当初は美浦からの馬が少なく、関西からの出国になりそうでしたが、無事に成田から出ることが決まり、ホッとしています。 また、畠山吉調教師は「当初は関西空港からしか便がなく、栗東で検疫という話でしたが、まだ確定ではないものの、成田便が用意できるとの話が出ました。 サンランジングで果敢に先行した積極的な騎乗からは、当時そのままの松岡騎手が帰ってきたと思っていいだろう。

もっと

JRA松岡正海「歩くのはまだつらい」!? 天皇賞・秋(G1)ウインブライト想い続ける「姉」の存在。「乗らなくちゃいけない」という責任感に続く「夢」

状態をつかむことはもちろんですが、自分の頭のなかにいくつか調整パターンを用意していまして。 畠山吉調教師は「左前球節は、スタートしてダノンキングリーと接触した時にできた傷かもしれません。 そして新型コロナウイルスの影響で予定していたドバイ遠征、香港挑戦などが次々に頓挫。 じゃあ、どうしたら瞬発力に優れた馬たちに勝てるのか。 復帰への道のりは険しく、万全とは言えないなかでも、「ウインブライトには僕しかいない」と、このタイミングでの復帰を決断しました。

もっと

JRA松岡正海「歩くのはまだつらい」!? 天皇賞・秋(G1)ウインブライト想い続ける「姉」の存在。「乗らなくちゃいけない」という責任感に続く「夢」

改めて名コンビぶりを世界に発信した。 連覇を懸けて出走となるが、この1戦がラストランになると所有する「ウインレーシングクラブ」が公式HPで明かした。 UMACA投票(キャッシュレス)は、当日にJRAの発売を行う同投票の導入済み事業所が対象で、13日の各事業所の発売開始時刻から営業終了時刻または各競走の発走予定時刻の2分前まで(14時に営業が終了する事業所では営業終了が締め切り時間)。 だが、その中で人知れず浮かない顔をしているスタッフがいるという。

もっと

JRAが香港国際競走3レースの馬券を発売 連覇狙うアドマイヤマーズ ウインブライトなど参戦(スポーツ報知)

香港のシャティン競馬場で行われたQE2世C(G1)に向かうと、後にその年のJRA年度代表馬に選出されるリスグラシューを抑えて海外G1初制覇を達成。 すでに招待は受諾済み。 逆境で底知れない力を発揮する鞍上の気迫が、大一番で番狂わせを呼ぶ。

もっと

JRAウインブライト香港カップ(G1)で引退!! コロナ禍に泣いたキャリアラストイヤー…… 連覇が懸かる最後の1戦で不遇の1年の巻き返しなるか?

そしてその最後に畠山師は「香港が引退レースとのことで伺っており、今回はお釣りも残さない究極の仕上げを意識しているので、来週はしっかり攻める予定でいます」とオーナーサイドからラストランになることを伝えられたという。 いまやウインブライトは、そんな唯一無二の存在に。 発売式別は、単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単。 漫画に出てくるようなコンビっていいなと思いません? それこそ『ありゃ馬こりゃ馬』の氷室翔とシンケンのような。 畠山吉調教師も連絡がなくて相当ヤキモキしていたようです。 なお、今後については、12月13日(日)に香港シャティン競馬場で行われる「香港カップ・GI」芝2000mに正式に招待され、受諾しています。

もっと

【松岡正海騎手(2)】ウインブライトは自身の集大成「“最後”まで責任を果たしたい」

2度の手術を経て24日の東京で復帰したばかり。 松岡騎手は「終始馬なりでしたが、動きは良かったですし、レースを一度使い、かなり良くなってきています。

もっと