孤高 の 暗殺 者 は 王女 を 拾い 育てる。 小説PickUp!

小説PickUp!

勇者としてではなく、冒険者の英雄として信頼や人望も得られた彼は冒険者を引退し、今後は指導者として冒険者ギルドの受付員として就職を果たした時、20年前に別れたはずの勇者のパーティの女性たちが訪れる。 ヒロインは既婚者で娘がいます。 皇族の権威を重んじる父親が彼の存在を認めるはずも無く、アシュレイは皇子と名乗ることすら許されない境遇にあった。 これは不当な評価で追放された最強暗殺者の冒険譚である。 リンドも英雄でありながら、そのダンジョンに放り込まれてしまうのだが…… 「これだ! これこそが俺が待ち望んでいたダンジョン生活だ!」 ・それまでのステータスリセット。 コメント。

もっと

暗殺者 小説家になろう 作者検索

それが反転し【孤高の勇者】というスキルとなっていた。 魔法はダメでも努力努力で技を磨き、お金をためて逃げる準備。 しかもどこから漏れたか知らないけど、君がまだ子供かもって事も言っていたよ。 ある日その女神が罪を犯したせいで、同時に勇者の引きこもり生活も終わりを告げてしまう事になる。

もっと

小説PickUp!

その能力は一人である限り、能力が底上げされ、経験を積めば積むほど相乗するという物だった。 そんなある日、他国の要人を招いたパーティーが開かれる。 |N6425FA 最強の勇者として生まれ、数々の困難を大した苦労もなく乗り越えた勇者は、ようやく魔王を討伐する事に成功した。 誤字脱字修正が有りましたら、出来る限り修正しますので、御報告下さい。 |N9894GC 容姿が優れている以外普通で少々オタク寄りな趣味を持ち、かつて中二病を発症しかけたことのあるような何処にでもいそうな少年が異世界へ行き、少し使い勝手が悪くチートと呼ぶには至らない能力を元に冒険者としてのんびりと異世界生活を嫁達と一緒に満喫する予定のお話。

もっと

ブラック

そこで挨拶だけで目立たないようにしていたピエリスなのだが、一人の男性に好意を抱かれてしまう。 後2章で完結予定です。 また書籍化に伴いタイトルが変更され、書籍タイトルは『疑われたロイヤルウエディング』となっております。 しかしシューフライはそれが気に入らず、リミリアに婚約破棄を言い渡す。 出版社:富士見書房 著:R・A・サルヴァトーレ 訳:風見潤 工藤竜広 1. そんな人生を送りたい」 これは欠けた月が満月となり、その生涯を笑って終えるまでの物語。 どちらも証拠はないが、何かあったら政府の信用に関わる」 「てなワケで君を今からクビにして、君が成人する4年後に再契約する。 色々あって、別の女神を怒らせてしまった勇者は、新たな世界に飛ばされる事となった。

もっと

ブラック

冥界の門 ISBN:4-8291-4128-X 状態: 本:美 ページ周囲に経年による微細な焼け カバー[1. リンドも英雄でありながら、そのダンジョンに放り込まれてしまうのだが…… 「これだ! これこそが俺が待ち望んでいたダンジョン生活だ!」 ・それまでのステータスリセット。 ヒロインは様々です。 ゴブリンデッキから始まり、他のデッキを解放していく展開へ。 |N0547GE 前世で重度の病人だった少年が、普人と変わらないくらい貧弱な身体に生まれた竜人族の少年ヤーウェルトとして転生した。 ストーリー展開はゆっくりめです。 ヒロインは様々です。

もっと

小説PickUp!

ふたりの恋する令嬢エレアーナに、魔の手が迫る……。 しかし、鏡で見た自分の顔は驚くほど悪役過ぎる。 15歳を迎えると、誰もがユニークスキルを神より授けられる。 トップカテゴリ• だが、その助け出す道中で国王が死に、国王の妻にエレンとともに逆に助け出されてしまった。 忌み子ではなく冒険者として名を上げて、いつの日か、太陽の沈まぬ帝国を取り戻すのだ。 果たしてエロスの真骨頂と言えるあちらのレーベルから何を間違えたのか一般レーベルへと送り込まれたこの作品はどんなエロスを見せてくれるのやら、男の端くれとして怖いもの見たさ込みで楽しみです。

もっと

小説PickUp!

|N8054DQ アラフォー女がスキルがある世界に村人1として生まれ、5歳で授与されたスキル『ガチャ卵』で、もふもふチートを発動すると信じていた。 え、一言じゃないって? こまけぇことはいいんだよ!! 【ちゃんとしたあらすじ】 アルケイ ディア王国、そこには犯罪や謀反を企てる貴族や豪族を秘密裏に処刑する、政府お抱えの暗殺者が存在した。

もっと

王女小説一覧(2ページ目)

自分で人質に差し出したのに「リミリアを救出する!」と息巻き、魔王討伐の勇者として旅立つ。 その紫月祭から一年後… 《第一王女エヴァンジェリンは虚弱体質の為、改善されるまで今後公務への参加は控えさせることとする》 突然の布告に国中が驚きました。 このブログでも記事にいたしました作品の四巻目となります。

もっと