深遠 意味。 江戸時代、日本語に「社会」はなかった―『翻訳語成立事情』

「深遠」の意味・例文・類義語

「表面にあらわれていない深い意味合い」という意味で使われます。 「カセット」は宝石箱という意味で、翻訳語には「中味が何かは分らなくても、人を魅惑し、惹きつける(p. しかし、福沢諭吉は「society」という西欧語を意識しながら「交際」に「広い範囲の人間関係」という新しい意味を造り出そうとしたのです。 「含蓄」の意味は「表面には現れない、味わいのある深い意味」 「含蓄」の意味 「表面には現れない、味わいのある深い意味」です。 「社会」の人事、すなわち出来事は虚ではない。 例えば、「含蓄のある文章」や、「含蓄に富んだお話」というような使い方です。 それはオランダ語の「genootschap」で、これは英語の「society」にあたる単語です。

もっと

江戸時代、日本語に「社会」はなかった―『翻訳語成立事情』

実は明治時代に出来た言葉である、ということをご存知でしたか? 実は「社会」という言葉は、明治時代に「society」という外国語を翻訳する過程で生まれた新造語なのです。 これは、当時の辞書を見ると「交ワル 集マル」「寄合又集会」などと翻訳されていたことがわかります。 含蓄のある 「含蓄のある」は、もっとも多く用いられる言い回しです。 「仲間」では「society」の訳語としては不十分だったのです。

もっと

深遠な関係

「含蓄のある~」のように後ろにつく言葉を修飾する使い方です。 そのため、数多くの西欧の文献が翻訳されていくことになるのですが、これは非常に難しいものでした。 「意味深長」の意味は、 「ある表現が奥深い様」です。 「含蓄深い」・「含蓄の深い」を用いた例文 「祖母からの手紙には、含蓄深い言葉が綴られていた」 「この小説は含蓄の深いラストシーンが有名な作品だ」 「彼の採用の決め手は、含蓄深い志望動機だ」 「含蓄」の類語 深遠 「深遠」は、 「しんえん」と読みます。 「表面上ではわからないけれど、特別な意味が隠されているのではないか」 「意味ありげな表情」のように、「意味ありげな~」というような使い方をすることがほとんどです。

もっと

「含蓄(がんちく)」とは?意味、使い方、例文、類語、英語を紹介!「含蓄のある」

ところが「交際」もやはり狭い範囲の人間関係を指す言葉で、特に対等の関係にある人どうしの関係を指していました。 ここで、この「自然」ということばに、翻訳語に特有の、あの「カセット効果」が働いているのだ、と考えられるのである。 1 他人にはその関係があることは分かっても「どこに惹かれ合って,付き合っているのか」が理解しがたい場合。

もっと

深遠の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

「含蓄」の読み方・意味 「含蓄」の読み方は「がんちく」 「含蓄」は、 「がんちく」と読みます。 長い歴史を持つ「世間」に対し「社会」は新造語であり、その意味内容は抽象的で分かりにくいものでした。 それらが手に取るようにわかりますよ。 江戸時代~昭和のそれぞれの時代において、その言葉がどのように辞書や翻訳文の中で訳されていったのか、その移り変わりを実例を挙げながら考察していきます。 18) こうして「社会」という言葉は、その意味内容が抽象的でありながらも、肯定的な意味を持つ言葉として受け入れられていき「society」の翻訳語として定着することになりました。

もっと

深遠の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

しかし「社会」という言葉は、もともと日本語には存在しない言葉でした。 つまり、「含蓄深い」・「含蓄の深い」とは、「内に深い内容や意味がゆきわたっている」という意味になります。 「蓄」は、音読みで「ちく」訓読みで「たくわえる」と読む漢字です。 2 関係そのものを隠し,人には分からないようにしている場合 1) 不倫 2) 教師と生徒の恋愛 3) 禁忌に触れる関係(たとえば,兄と妹など). 142) 言葉の生まれる過程を知り、その複雑さに気づく この本で紹介されている翻訳語は、現代の私たちは翻訳語であることを意識せずに使っているものばかりです。

もっと

深遠な関係

今回ご紹介するのは、この「翻訳語」について深く知ることのできる1冊です。 明治の知識人たちは、様々な造語を作り出したり、あるいは今まで日本語で使われてきた単語に新しい意味を「追加」しようとしたりと、試行錯誤を重ねていくことになります。 明六社の発行する「明六雑誌」において、この「社」という言葉が「会」と合わさり、「社」の「会」としての「社会」や、「会社」という言葉が「society」に近い言葉として使われるようになっていきます。 「社会」という言葉は、英語の「society」に対応する翻訳語です。

もっと

「含蓄(がんちく)」とは?意味、使い方、例文、類語、英語を紹介!「含蓄のある」

「深遠」を用いた例文 「この哲学書には深遠な言葉が沢山並べられている」 「両親は私に、人間関係の深遠な教えを残してくれた」 「当初、その深遠な思考は誰にも理解されなかった」 味わいのある 「味わいのある」は、 「物事に深みが感じられる」という意味で使用されます。

もっと

深遠な関係

深遠な思想を披瀝したからではない 深遠なること常の人に越えている 深遠にして 深遠を衒って 深遠な精神文化を生み出した 深遠なご吟味をまたおはじめになった 深遠な含蓄を理解し得ない 深遠な魅力のある 深遠な思想や哲学が含まれて居る 深遠な内容が含まれていても 深遠とも見える 深遠な禅機に通じていても構わない 深遠なる宗教的観念ありしを見ず 深遠な境地が係ら 深遠なる研究を重ねておられる 深遠な芸術の哲理を体得しているので 深遠であると考へられない 深遠なる理想を歌ひ 深遠なことを平易に表現する 深遠な感じに人々は撲たれた 深遠らしい理窟をこねても 深遠なる哲理を彼の書斎で考えている 深遠を極めた 深遠な詩情を語り得る 深遠な詩情を捉え 深遠な一句を与へてくれるといふ 深遠の愛を誓いながら 深遠の愛を誓った 深遠な人生の意味が含まれてゐる 深遠となり 深遠なる哲理を論ずるも 深遠なる哲学を有せざるべし 深遠な併しありふれた 深遠な自然力とも云うべき 深遠であらうとも 深遠な恋を神に許された 深遠な道理はまだ青いお勢には解らない 深遠なる学識をそなえた 深遠な尊い意味をもってくる 深遠な意味が含まれているという 深遠な意義のある 深遠な光明に身をひたして居ると 深遠な事物を表現する 深遠な理想があった 深遠なるものがあるかを疑い得ない 深遠な秘密であるところの未だ知られない 深遠な実際を味得しうる 深遠な著作が正当に喚起する 深遠なことと思います 深遠な秘法がある 深遠なる哲学を持っています 深遠なる哲学があるという 深遠な論理の声音が宙に消え失せると 深遠な放火動機を述べたてても 深遠な書物の如なあそこでのやうに景色を自分で截り取る 深遠な哲理とを展開した 深遠な哲学を生み出す 深遠なる哲理を含めりとも 深遠なる医学的の研究を全然度外視せる 深遠な研究とほねのおれる 深遠な荘重な戒めが何処に又とあろうか 深遠な学理を探求する 深遠なものにし 深遠なる絢爛をやすやすと生み出し 深遠に見える 深遠な域にまで行っていた 複雑な深遠 宇宙の深遠 哲人の深遠 特殊な深遠 智恵の深遠 智恵は深遠 趣向の深遠に 無限に深遠 多くの深遠 どれ程深遠 ドイツの深遠 可なり深遠とも ように深遠で クロムウエルの如き深遠 程の深遠 崇高であり深遠 此の深遠 微妙な深遠 動機は深遠 何等かの深遠 詩形に深遠 悟道のこもつた深遠 結合と深遠の 何んだか深遠 前者に比すれば深遠と 形而上学者の深遠 如何に深遠で 説は深遠に 俗ならぬ深遠 様な深遠 頭脳と深遠 区別の深遠 哲学的に深遠 一人物の深遠 月の深遠 且最も深遠 父の深遠 如何に深遠 様に深遠 仏教が深遠 底の深遠 学者の深遠 非常に深遠 ように深遠 唯物的な深遠 推測すべからざる深遠 給へ深遠 芸術と深遠 文学や深遠 学者は深遠 知識を深遠 道法の深遠や 仁清の深遠 学識は深遠 識見は深遠. 一般的に、「含蓄がある」ではなく、「含蓄のある」という使い方をしますが、「この小説には含蓄がある」という使い方をする場合は、「含蓄がある」という使い方になります 「含蓄のある」を用いた例文 「所長の挨拶は少々長く感じていたが、思い返すと含蓄のある内容だった」 「この歌は含蓄のある歌詞で感動できる」 「あの頃はまだ幼かったので含蓄のある言葉であることに気がつけなかった」 含蓄深い・含蓄の深い 「含蓄深い」・「含蓄の深い」とは 「内に深い意味や内容がゆきわたっている」という意味です。 こういった翻訳で生まれた新造語のことを、「翻訳語」といいます。 。

もっと