三菱 スタリオン。 スタリオン/三菱|クルマレビュー

「激レアな三菱スタリオンのドリフト仕様!」ランエボ用4G63にS14ミッションを移植した魔改造A183!

4月 - のドラマ・「」(制作)にて、に改造されたスタリオンが使われ、後に5台限定販売された。 なお、駆動方式は後輪駆動となっています。 燃料消費率が緑文字のWLTCモード燃費はカタログ値の100%を、青文字のJC08モード燃費は93%を、赤文字の10・15モード燃費は85%を実燃費と仮定して計算。 トランク。

もっと

【三菱:スタリオンGSR】グループAレース仕様の戦績・スペック

総評 特に車知識もないガキンチョがノリと好みと勢いで買い、そして旧車の維持の大変さ、車のしくみ、走り方、車のオトモダチ。 タイヤの最大駆動力にある数値は、エンジンが3000回転で最大トルク32. 追加メーターがずらっと並び、ロールバーも装着されたインテリア。

もっと

ヘラクレスの愛馬?三菱 スタリオンの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

カタログスペックから見えてくる要素 G54B型エンジン簡易性能曲線図 各回転域での馬力 3000回転時の馬力 134PS 5000回転時の馬力 175PS 各回転域でのトルク 3000回転時のトルク 32. 20万円以下• マイナーチェンジによってフェイスリフトと装備の充実が図られました。 後継モデル「三菱 GTO」が登場するまで、8年間に渡り生産が続けられるロングセラーとなりました。 このモデルは1987年に限定50台で発売し、実際には約70台が生産されたモデル。 トルクの山が中央より左にあるか右にあるかを基準にしてエンジン特性を探ってみますと、最大トルクの発生回転数が若干高めにあるこのエンジンは、普段使いでも不足を感じることなく、それでいて高い回転数を維持すればスポーティな走行も楽しめるバランスの良さが魅力です。 出身は東部だが、サンフランシスコの大学に学んだ後、デザイナーとしてGMに入社。

もっと

「限定50台のスタリオン2000GSR

1985年 - マレーシア・ラリー Prototype Category• となっている三菱スタリオン。

もっと

アメリカ自動車業界のエリートがガチで三菱スタリオンをイジったらこうなった! 凄まじすぎるメイキングに拍手!

新着物件• 純正の機械式デフだけど結構効く。 個人的にはトヨタ2000GT以上にレアな存在な気がするが……。 デザイン: 無• そしてエンジンも2. 全幅:1,745mm• ガソリンはブチまけ。 角ばったデザインの継承と当時は先進的スポーツカー証としてリトラクタブルヘッドランプが採用されました。 GSR-X - (1982年5月-1984年6月、A183A、2. 若い頃に夢中になった映画やドラマの雰囲気に浸りたい人、当時のアメリカンスタイルのスポーツモデルでノスタルジーな雰囲気を味わいたい人は、早めに手に入れた方がよさそうです。

もっと

三菱 スタリオン (1982

市場での競合車種はが想定され、発売当初、自動車専門誌にサーキットでの924ターボとの比較テストの模様を掲載する広報活動も行われた。 逆にギヤ比を高く 最高速重視・ハイギヤード したり、タイヤを大径化したり、デチューンして非力にすると駆動トルクは小さくなって加速が鈍ります。

もっと

必ず直って帰ってくるから愛おしい

純正メーターは中央にブースト計を配したアナログ3眼タイプで、コーンソールに各種スイッチを配置。 いわばアメリカ自動車業界のエリートとも呼べるジョンだが、趣味はゴルフでもヨットでもなく、クルマだ。 現在は、岡崎工場に市販車仕様のレプリカが1台展示されており、本物の現存数は3台(日本に2台、英国に東京モーターショー仕様が1台)となっています。 ガルウィング仕様のスタリオンは、後に5台限定で販売された。

もっと

スタリオン(三菱)の中古車

1983年2月に試作1号車の「T1」、4月に2号車の「T2」が完成し、比較実験でWRC最強マシン「アウディ・クワトロ」を上回るコーナーリングスピードをマークするなどポテンシャルの高さを記録しました。 二人して喜んだ。

もっと

あのジャッキー・チェンもご愛用!?ポルシェと互角の勝負を繰り広げた三菱 スタリオン【MOTA写真館】

北米仕様の最上級グレードESI-Rと同じワイドボディとエンジンを搭載し、そのESI-Rの特別仕様スポーツハンドリングパッケージのアルミホイールが標準の豪華装備です。 7mを超え、排気量も2000ccを超えていることにより登録になります。 積載性: 無• というのも1983年から参戦を開始し、1985年には優勝を含めて多数の入賞を果たしています。 「えっ!あの車がライバル!?(大歓喜)」だったり、あるいは「えっ…あの車がライバル…?(大号泣)」だったり悲喜こもごもありましょうが、数値の上では「良き隣人」ということになります。 この車両は『SS エスエス』に於いて走行シーンで使用された。

もっと