コロナ ウイルス バイオテロ。 新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

米国は新型コロナウイルスに「バイオディフェンス」で対応、イノベーション創出も (1/4)

1月29日の段階では、中国当局の発表では武漢市での死者数は136名と言われていましたが、30日にはその数は160名を超えており、確実に今後も死者数は増え続けることになり、間違いなく、公衆衛生上の最大かつ深刻な懸念となるでしょう。 ・ なんで県の人が謝ってんだよ!!!やらかした奴にやらせる案件だろコレ!!!直接言わすのはヤバいから謝罪文書かせるとかさ!!! ・ 汚物は消毒でおねがいします神奈川県さん ・ この身勝手な男の素性を公表して二度と無断外出できないようにすべき!やってることはテロと同じなんだからさ。

もっと

中国発の新型コロナウイルスはウイルステロか!?東京オリンピックは中止?

一部では世界の警察を気取ってるのではないかと言われることもありますが、世界経済をけん引しているのは間違いなくアメリカです。 中国の海鮮市場の衛生環境の酷さは日本では考えられないもので、これを改善しない事にはまた新たなウイルス問題も出てきそうな予感がします。 Mさん:ええ、そうです。 。 — 夏川りみお 令和 NatsukawaRimio 今回の新型コロナウィルスで市民が暴動を起こさないために軍を投入していると思うのですが、中国政府は軍医さんだと言ってるそうです。 サルの何がどうとか、コウモリからとか、ウソ……ウソですよ。

もっと

米国は新型コロナウイルスに「バイオディフェンス」で対応、イノベーション創出も (1/4)

地震兵器による攻撃も然り。 系統樹の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のすぐ下にコウモリ(bat)やセンザンコウ(pangolin)とあるのがお分かりになると思います。 彼が生物兵器テロと考える根拠は、次のとおり。 ・また、男性は無断外出の際、 マスクをしておらず、県の聞き取りに対し 「自分の欲しいものがなかった」「飲み物とたばこが欲しかった」と話した。 健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。 人造ウイルスが人にかかるだけでなく、コウモリにもセンザンコウにもかかったということは考えにくいですから」 「どちらの動物も海鮮市場にいたということを考えると、私は中国のあの近辺で発した可能性が一番高いと思います」 「一方、中国は、2019年10月末に武漢市で行われた世界軍人オリンピックにアメリカの軍人が来て、そのウイルスが持ち込まれたと言っています。

もっと

新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる

それに追い討ちをかけるように、今回のコロナウイルス。 横で聞いていて、その後のディスカッション中、背筋が凍った記憶があります。

もっと

新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終

不良メディアのデマを信じて拡散する人、インドの科学者の信頼できないいわゆる学術的な分析を信じる人にご忠告申し上げる。 この法輪功のテレビ番組に登場したのは、バイオテクノロジー企業サンリージェン(SunRegen Healthcare AG、スイス)の最高科学責任者(CSO)兼共同創業者、董宇紅氏という感染症研究者。 まさに、理想的な中国通の方だ。 2003年に報道されたSARSウイルスは2002年11月に広東省で発生。

もっと

「開くボタンに唾液」恐怖のコロナテロを画策する白人至上主義者たち ロシアの組織と共同で「軍事訓練」も

日本人も見習わなければ。 だから、ウイグル人に対しての虐殺、虐待が表に出てきて、香港ではデモが起こり、アメリカが中国に対して貿易戦争を仕掛け、今の中国はズタボロ。 怪しいでしょう。 さらに、もう一つの目的として、「一帯一路」を断ち切るんですよ。

もっと

新型コロナウイルスは生物兵器か?――「一帯一路」潰し、バイオテロ説

「中国人だったら、何やらかすか分からない」と印象づけるんですよ。 つい最近、アメリカのグループが調べたのですが、新型コロナウイルス感染症の患者さんから直接とってきた何種類ものウイルス、コウモリにいるウイルス、それからセンザンコウ(哺乳綱鱗甲目に分類される構成種の総称)にいるウイルスの塩基配列を全部比べてみると、やはり新型コロナウイルスに非常に近いものが、センザンコウにも、コウモリにもいるのです」 「いろいろな塩基配列の解析からすると、やはりこのウイルスはそちらの動物側から来ているということのようです。 今回の新型コロナウイルス報道も、当然、生物兵器説などには、一切触れない。 5Gネットワークがないにもかかわらずオランダのハーグで300羽のムクドリが大量死したこともその根拠とされました。 編集者の中には「もっとPV(ページビュー)が出るようにエッジを立てて(極端に角度をつけて)書いて下さい」と露骨に言う人もいます。 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。 命を助けることを優先して仕事をした」と話しました。

もっと