ウォーター ジェット 工法。 アブレシブウォータージェット切断技術

ウォータージェット工法

現場での品質管理と安全管理を徹底するためには、ウォータージェット工事の特殊性が高いので、綿密な現場責任者との事前打ち合わせ、作業中、日々の打ち合わせが重要なポイントです。 スラッジ、ガラ等は産業廃棄物として処分。 振動が非常に少なく環境にやさしいため様々な現場で力を発揮します。 具体的には、橋脚の強度を高める増圧耐震工事やピット内の劣化コンクリート補修工事、コンクリート落下防止のための剥落防止工事等があります。

もっと

ウォータージェット工法

WJ水を回収しながらの作業で、濁水処理装置により水質汚濁防止法に基づき基準値以下に浄化し排水します。 深斫りに使用するポンプは超高圧大水量が必要となります。 ウォータージェット資料請求 日進工業ウォータージェット工法の特徴 6つの大きな特徴 無振動 低騒音 環境保護 打撃しないため既存の構造物に振動がなく、マイクロラックの発生がありません。 これらの建築物を解体・改修する際に,アスベストの飛散を防止することが重要課題となっており, 安全で確実な対策が求められています。

もっと

アスベスト含有塗膜除去・外壁施工|ウォータージェット工法|新虎興産株式会社|創業100年の技術・実績で信頼の一貫施工

安全性・施工マニュアル・品質・低コスト・ノウハウを十分に備えている当社へ、ご連絡お待ちしております。

もっと

ウォータージェット工法

特長 AWJ切断技術とは、超高圧水(150〜250MPa)の中に研磨剤を混合し、その噴射の威力で鋼材を切断する技術です。 治具の移動も人力となりますので効率が上がりません。

もっと

ウォータージェット工法とは

そのため、水質汚濁防止法や各地方自治体で指定されている排水基準を満たす処理を行い、各工事現場で指定された排水路に放水します。 若干の修正を行うためオペレーターを一人配置しますが、ノズル部から遠い後方での操作となるため、施工環境や安全性の向上になり作業人員が少人数で行えコストダウンにつながります。

もっと

カタログ一覧

表1は,アスベストを含んだ仕上塗材を除去する工法を一覧にしたものです。 出隅、入隅の施工も可能である。 施工の企画と設計積算の能力の検討• 特殊ノズルで穿孔径を変えられる。 工事に必要な給排水の条件として、給水の方法はどうするのか、給水タンク設置は必要か、排水の処理方法はどうするのか、産業廃棄物の処理を適正にしなければなりません。 ウォータージェット工法紹介 Water jet method introduce ウォータージェット工法の原理 高圧ポンプにより圧縮し噴射する超高圧水の力を利用し、コンクリートや金属、その他様々な材質の付着物・劣化物などの除去作業や切断、研磨などを行う工法です。 積算は当社へおまかせ下さい。 アブレシブウォータージェット切断技術 AWJ(アブレシブウォータージェット)切断技術の目的 プラント配管等の鋼材を切断する際には火気を用いる切断方法が一般的ですが、引火性環境下においては火災の危険性があるため、適用は困難です。

もっと

ウォータージェット 工法

なぜ、ウォータージェット工法なのか コンクリート構造物の破壊・粉砕を行うと考えた場合、ブレーカー等を使用した打撃破壊もあります。 適切な圧力と流量の設定により、鉄筋を傷めずコンクリートの劣化部分だけをピンポイントで除去できます。 鉄筋にダメージを与えず、コンクリートのみを斫り取る事ができる。 カビなどの除去にも有効である。 安全装備をすれば、重さで体力は消耗し、動きにくく作業効率が悪く、誰も着たがりません。 斫り出したコンクリート面にもマイクロクラックを与えない。

もっと