ダンカン ロビンソン。 ダンカンのプレーを初めて見た“提督”ロビンソン「すごく楽しくなると思った」

ダンカン・ロビンソン名前負けしてない!MIAがINDを振り切り4連勝!

もちろん実績はまだまだありますが、同世代のケビン・ガーネットやダーク・ノビツキーらを抑えて8年連続でオールNBA1stチームに選出されたこと、カール・マローンを指導していたジェリー・スローンHCや、数多くのNBAチャンピオンに輝いたビル・ラッセルですら「史上最高のパワーフォワード」と評価するほどの選手なのです。 ロビンソンの個人成績は年齢とともに徐々に下降していったものの、ダンカンとの「ツインタワー」は健在で、にはスパーズの 2度目の優勝に貢献した。

もっと

ドラフト外からフランチャイズヒストリーへ登りつめたダンカンロビンソン

2001-02シーズンには平均25. 選手としての完成度が非常に高いダンカンの加入により、ロビンソンの役どころも変化していった。

もっと

【NBA選手名鑑

3度目のNBAチャンピオンと真のエースへ 2004-05シーズンにファイナルへ出場したダンカンとスパーズは、対戦相手のピストンズと激戦を繰り広げ、第7戦までもつれる展開となりました。 50:永久欠番• 1本目はヒートが78-77でリードした状況からのジェイ・クラウダーの3ポイントシュート、2本目はヒートが82-80でリードした状況からのダンカン・ロビンソンの3ポイントシュートでした。

もっと

ダンカンのプレーを初めて見た“提督”ロビンソン「すごく楽しくなると思った」

ポポヴィッチHCは「彼の周りには色々な世代がいるが、ダンカンは全てを受け入れた。 チームの得点トップ2であるバトラーとナンはまさにそんなスタイルを実践しており、積極的なドライブでペイント内を攻める分だけタフショットも多く、シュート成功率はチーム平均を下回っています。

もっと

ヒートのMIP候補ダンカンロビンソン

4本 これは3Pへの自信を象徴しているよ。

もっと

ディスるのは、リスペクトしてるから?

10月27日にが怪我で離脱しが、戦でキャリアハイとなる21得点を記録した。 翌、ロビンソンは怪我のためわずか6試合の出場となった。 【ティム・ダンカンのプロフィール】 【ティム・ダンカンのプロフィール】 【誕生日】1976年4月25日 【出身地】アメリカ合衆国 【身長】211cm 【体重】113. 優勝 2008• とりわけ、ロビンソンの衰えは顕著だった。 その後、海軍兵学校の入学試験を、合格点が700点であるのに対し900点以上の成績でパスしている。 肩で息をしながらも最後までチームを勝利に導くためにガッツを見せたバトラーは、まさにヒートカルチャーを具現化した存在であり、これ以上ない第5戦の勝者でもありました。 NCAA(全米大学体育協会)のルールでは転校すると1年間試合に出ることができません。 NBAオールスターシューティング・スター優勝 2008• だが、身勝手な選手ばかりが揃っていては究極の勝利は得られるはずもない。

もっと

ドラフト外からフランチャイズヒストリーへ登りつめたダンカンロビンソン

ダンカンの成長は止まらなかった。 2002-03シーズンを前に、ロビンソンはその年限りで引退することを発表した。 レジェンドのウェイドが残した遺産は、 ジミーバトラーというヒートの魂を宿した男。 このシーズンが終わると、ロビンソンは引退した。

もっと

ダンカン・ロビンソン (バスケットボール)とは

スパーズがフランチャイズ史上初の優勝を飾ったのは、ロックアウトによって50試合の短縮となった98-99シーズン。 チームプレーに徹し、アンセルフィッシュなプレーを貫き、ディフェンス面でダンカンのプレッシャーを取り除いたことが、ダンカンの成長とスパーズの飛躍を後押ししたと言っていいだろう。

もっと