君 の 目 に 映る もの を 全て 聞かせ て よ。 星恋

空に太陽 天に月

さらに太陽の直近にいた長老様方が目にしたのは、 長老「な、なんと……」 彼でした。

もっと

東方迷子伝

君はそうだと知っている。 殺戮を嬉々として愉しみ、愉快そうに笑うシンジの笑顔・・・ その表情は正に、血塗られた修羅と言っても過言ではない。 ネーティブも、あなたが懸命に話そうとしていれば、熱心に理解しようとします。 「騙したんじゃないんだ。 君は、その虚ろな視線に吸い込まれるように、仮面へと手を伸ばす。

もっと

第二十七話 「勝利の方法は」

「……頭が、くらくらするよ、母さん」 「いつものことでしょ。 それは、冬月自身も知らぬ理由で、ゲンドウは本部を離れたのだ。 君はそうやって、新しい家族関係の構築を拒む。

もっと

僕は、君のヒーローになる。(ブラックキャット)

自分「新技? まだ教えてもらえていない技があったんですか?!」 そして「もしかしたら究極奥義かもしれない」と心を 躍 おど らせてもいた。 魂というのもあるわ。 彼の性格からしてあれは嘘だとは思っていたが、やはり嘘だったのだ。 ユラは君の手が動くたびに頬を上気させながら軽い喘ぎ声を上げるが、姿勢を崩そうとはしない。

もっと

東方迷子伝

でも男としてそれだけは避けたかった。 人体の知識などない筈なのに、君には今義母の脳の何処が何を司っているか、その全てが完全に理解できる。

もっと

第二十七話 「勝利の方法は」

ガッ(鬼助の服を掴む音) 鬼助「なんでオイラァァァ?!」 盾になってもらうしか。 蒼銀の髪の少女が心配そうに見つめる中、少年は小さく肩を竦め、加持の後を追う。

もっと