マスク 送り つけ 商法。 政府配布ではない謎のマスクが届いたときの正解は? 「送りつけ商法」の横行に注意(前田恒彦)

政府配布ではない謎のマスクが届いたときの正解は? 「送りつけ商法」の横行に注意(前田恒彦)

特定商取引法59条1項は、業者は、商品の送付日から14日(あるいは消費者が業者に引取を求めた日から7日)経過した日以降は、引取を求めることはできない、としています。 これまではカニなどの生鮮食料品を送り付けことが多かったですが、そこにマスクを加えてきました。 大和弁護士は「特定商取引法は、こういった問題に対して規制を設けています」と解説する。

もっと

News Up ウチにも来たマスクの束 コロナ便乗の“送りつけ”

7日間に短縮も可能だが… もっとも、2週間となると長いと感じる人もいるだろう。 マスク『送り付け商法』への対処法! 『送り付け商法』への対処法ですが、 消費者庁が公式HPで公開しています。 大和弁護士はこのように切り出した。

もっと

「身に覚えのないマスクが届いた」 消費者庁が送り付け商法に注意喚起 政府の布マスク全戸配布に便乗か

拒否だと送り主に返送されるが、保留だと不在扱いで持ち帰りになる。 もし注文をしたかどうか自信がない場合、宅配物をいったん預かってもらう 「受取保留」を利用しましょう。

もっと

政府配布ではない謎のマスクが届いたときの正解は? 「送りつけ商法」の横行に注意(前田恒彦)

一定期間保管したのちに処分するように呼びかけている。

もっと

送りつけ商法(マスク)は中国の業者?対応対処を間違わないように注意

身に覚えのない商品を送り付けられ、困っている人• 以前に、カニが勝手に送られてお金を払って開けてみたら、すかすかのカニで料金にとても見合わない粗悪なものだったということもありますから。 【取材協力弁護士】 佐賀県弁護士会。 だから受け取らないのが1番なんですよね。

もっと

もしも「マスク送り付け商法」にあったら… 消費者庁「お金払ってはいけない」:イザ!

逆に、届いたものを開封したり使用したりしてしまうと、商品の購入意思があるとみなされ、支払い義務が発生してしまうことも。 除菌製品 など コロナ禍に乗じて色々な物が送り付けられる詐欺が横行する可能性があります。

もっと

マスクの品薄に便乗した“マスクの送り付け商法”に注意!

開けない 送りつけ商法で届いた商品は決して開けてはいけません。

もっと