一目 置く 意味。 「一目置く」とは?意味や使い方を解説

「一目置く」とは?意味や使い方を解説

目上の人に使う場合は、 普通に「尊敬しています」などを使うようにしましょう。 」 この場合は、 「みんなからすごいと思われるほど、彼の仕事が速い」 ということですね。 「 語源・由来」=「囲碁」で先に一目置くことは、ハンデをもらった弱者が強者に敬意を払うことだから。 」 と言うときの「一目も二目も置く」と言う言葉は、一目置くをさらに強調した言葉として使ってください。

もっと

ことわざ「一目置く」の意味と使い方:例文付き

ピンチに強い その人の人間性や真の力がわかるのが、ピンチの時でしょう。 このことが語源となり、相手への敬意を「一目置く」というようになりました。 したがって、 基本は 目上の人が目下の人に対して使う言葉なのです。 論の立つ人で議論の中では五堂も一目置くような相手でした。 スポンサーリンク 一目置くの類語・対義語 続いて、「一目置く」の類語を紹介します。 類語 一目置くとは、相手に敬意を払うことです。 「一目」という言葉は、 一個の碁石、または、碁盤上の一つの目を表します。

もっと

一目置くの使い方は上から目線?正しい意味や語源はどこから?

囲碁に限らず、ハンデの目的は、 少しでも接戦になるように弱者に配慮することです。 たとえ、勝負などで相手に負けても、相手の強さを称賛する心を持っています。 余談ですが、なぜ強い方が白で打つかというと、 「白は夜でもはっきり見えるメリットがあるから」だそうです。 浅田彰に対して、宮台は天才を認めつつもあまり高く評価していない。 つまり、 「一目置く」とは「 一個の碁石を置く」という意味なのです。 「先手必勝」という言葉もある通り、 先に攻撃をスタートできるほうが有利なのです。

もっと

一目置くの意味とは?例文や使い方・語源も解説

一目置くの使い方・例文! 使い方としては、「〜さんは、誰もに一目置かれる存在だ。 様々な場面における 「一目置く」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。 ということで、この言葉の使い方と例文をみていくことにしましょう。 そのため、配慮してもらった側としては、 「 相手の強さに感謝と敬意を込めて先に石を置く」のです。

もっと

一目置くの意味とは?例文や使い方・語源も解説

それだけに、自分を犠牲にすることができる人が、多くの人から尊敬されると考えていいでしょう。

もっと