カプセル トイ スズメバチ。 “だんごむし”ヒットでニーズ加速 生態学べる“カプセルレス”ガシャポン

“だんごむし”ヒットでニーズ加速 生態学べる“カプセルレス”ガシャポン

大顎の内部の舌もきちんと造形され、カプセルフィギュアの常識を塗り替えるクオリティを実現できたと誉田氏はいう。 実際の蜂と同様に針の出てくる仕組みを再現したり、顎の開閉や触覚の角度調整など 全身18箇所が可動。 これらもものすごくリッチなフィギュアだ。 実は、誉田氏は虫が大の苦手だ。 そんな誉田氏が何故、「ダンゴムシ」を商品化しようと考えたのか。

もっと

計18か所の可動ギミック 「すずめばち」カプセルトイフィギュアに: J

カマキリは、 翅(はね)を大きく広げて威嚇をしたり、常に体の掃除をするなど複雑で奇妙な動きをする昆虫だ。 コクピットのキャノピーも開き、コクピットには兜甲児が座る。 前述したようにマジンガーZは、人気のあるキャラクターではあるが、ファンの年齢層は高く、作りこんだ商品でないと簡単に手に取ってはくれない。 シールなどはない。 ホバーパイルダーはちゃんとファンの部分まで可動。 外装はできても、内部メカニックが丸くならない、といった形で本当にこの設計は苦労したとのこと。 この芯にパーツを貼り付けるように組み上げていくことで胸像モデルが完成するのである。

もっと

ガチャを回すと“スズメバチ” ! 18箇所可動のリアルフィギュア開発

3つ揃えることで、メカ内部がきちんと再現された、凄まじいディテール表現が行なわれたマジンガーZの胸像が完成する。 自販機より排出された状態から蜂の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えると専用のディスプレイスタンドとして使用することが可能。

もっと

“だんごむし”ヒットでニーズ加速 生態学べる“カプセルレス”ガシャポン

リアルに作ると気持ち悪くなりすぎてしまうので、様々な工夫を凝らした。 日本には17種類ものスズメバチがいるとのこと。 ただし、触覚は外れやすいのが難点でした。

もっと

ガシャポンワールド

この内部メカのデザインは「インテグレートモデル マジンガーZ」のために新たに設定したもの。 関節部分に少しシャドウを入れるとよりリアルになりそう。 台座 アームは六角形の部分が可動域になっていますが、オス、メス両方とも六角形のため回転しません。 1つのカプセルはマジンガーZの外部装甲でモデルとしての見栄えもきちんとしている。 しかしそれが楽しいという。 ラインアップはオオスズメバチ、キイロスズメバチ、クロスズメバチの3種。 Twitterで見かけてから楽しみにしていたカプセルトイ「いきもの大図鑑 すずめばち」です! リアルなスズメバチの稼働フィギュアが楽しめるカプセルトイです。

もっと

スズメバチ 40個入り (300円カプセル)|ガチャガチャ・カプセルトイ通販専門店

6cmのカプセルから、全高約20cmの胸像ができあがるその衝撃を味わって欲しいです。 この大きさのマジンガーZのモデルはほとんどないため、独自の魅力を発揮する商品になったと誉田氏は語った。 その足を実際と同じように折り畳めるようにした。

もっと

スズメバチ 40個入り (300円カプセル)|ガチャガチャ・カプセルトイ通販専門店

ラインアップは、全高約150ミリ「オオスズメバチ」、約115ミリ「キイロスズメバチ」、同「クロスズメバチ」全3種。 飛行モード、羽を広げたアタックモードの2形態でディスプレーできる。 しかしこれを「カプセル状に丸くする」というのが大きな課題となった。

もっと

ガシャポンワールド

関節の可動部は組立済みですが、大変小さいですので破損には気を使いたいところです。 また、普段見ることの難しい舌や翅脈(しみゃく)も忠実に再現されており、バンダイがこれまでの「いきものシリーズ」で培った技術を集約してつくりあげたリアル可動フィギュアに仕上げられている。 生物学的な研究の末に生まれた自信作「すずめばち」 2018年に発売された「 だんごむし」を皮切りに、「まんまるこがね」「だいおうぐそくむし」「かめ」「とらふからっぱ」など、これまでにシリーズ累計300万個以上を販売してきた「ガシャポン『いきものシリーズ』」。 「これまでもカマキリの玩具がありましたが、ここまでリアルに再現しているのはバンダイが初ではないでしょうか」と誉田氏は胸を張る。 まず大きな部品をカプセルの外側に配置することで、細かい部品を内側に入れ、何とかカプセル状にすることができたんです」とのこと。

もっと