原子 炉 等 規制 法。 電気事業法(原子力安全規制関係)(平成24年改正前まで) (10

原子力船の法体系 (11

)について原子力規制委員会の認可を受けなければならない。 「放射線障害防止法」関係は文部科学省が所管し、「医療法」・「薬事法」関係は厚生労働省の所管となっている。 これらのうち、等規制法ではの環境への放出、処理、貯蔵、管理および処分に至るまでの規制が行われており、原子力事業者がそれぞれの事業活動によって発生した廃棄物の廃棄に関し、保安のための必要な措置を講ずることが義務付けられている。 a)設置許可の申請に際して、「発電用原子炉の炉心の著しい損傷その他の事故が発生した場合における当該事故に対処するために必要な施設及び体制の整備に関する事項」を記載しなければならない。 ここでは、改正前の電気事業法に基づきとられていた、原子力発電所の地点の選定、工事の実施、運転開始及び運転保守の各段階における諸手続について以下に述べる(「原子力発電所の地点選定から運転までの手続等」及び「原子力発電所の立地から運転までの法律上の手続」を参照)。 )なお、の使用等に関する規制(第六章の二等)に関して、文部科学大臣を原子力規制委員会に、文部科学省令を原子力規制委員会規則に改めることは設置法附則第十六条で規定されており、2013年4月1日から施行される。 )の貯蔵 (試験研究用等原子炉設置者、外国原子力船運航者、発電用原子炉設置者、第44条第1項の指定を受けた者及び第52条第1項の許可を受けた者が試験研究用等原子炉施設、発電用原子炉施設、第44条第2項第2号に規定する再処理施設又は第52条第2項第7号に規定する使用施設に付随する同項第8号に規定する貯蔵施設において行うものを除くものとし、その貯蔵能力が政令で定める貯蔵能力以上である貯蔵設備 (以下 「使用済燃料貯蔵設備」という。

もっと

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律

) 許可の基準は、第五十一条の三に「廃棄物埋設施設又は廃棄物管理施設の位置、構造及び設備が核燃料物質又は核燃料物質によって汚染された物による災害の防止上支障がないものであること。 )のみをしようとするときは、原子力規制委員会規則で定めるところにより、その変更の内容を原子力規制委員会に届け出なければならない。 関係法令• (注)東北地方太平洋沖地震(2011年3月11日)に伴う福島第一原発事故を契機に原子力安全規制の体制が抜本的に改革され、新たな規制行政組織としてが2012年9月19日に発足したため、本データに記載されている放射性廃棄物処理処分の規制と責任についても見直しが行われる可能性がある。 最初に制定された1957年以来、これまでに何度も改正されてきた。 )をしようとする第一種廃棄物埋設事業者又は廃棄物管理事業者 (第51条の2第1項の規定による廃棄物管理の事業の許可を受けた者をいう。 また当該原子力施設に係る原子力事業者に対して、保安又は特定核燃料物質の防護のための措置を実施する計画の提出を求め、その計画に沿った措置を命ずることができる旨の規定が追加された。 第43条の3の9 発電用原子炉施設の設置又は変更の工事 (核燃料物質若しくは核燃料物質によつて汚染された物又は発電用原子炉による災害の防止上特に支障がないものとして原子力規制委員会規則で定めるものを除く。

もっと

電気事業法(原子力安全規制関係)(平成24年改正前まで) (10

これらの規制内容の大部分については、加工事業者が事業を廃止した場合(事業許可取消時を含む。 ) さらに廃棄物埋設に関する確認について、第五十一条の六に廃棄物埋設の事業の許可を受けた者(「廃棄物埋設事業者」という。 ) 二 核燃料物質又は核燃料物質によって汚染された物であって前号に規定するもの以外のものの埋設の方法による最終的な処分(「第二種廃棄物埋設」という。 旧日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構、以下「原子力機構」という。 事業者は、原子炉容器や格納容器などの重要施設の傷や腐食などを詳しく調べる特別点検を行い、原子力規制委員会へ申請をして審査を受けることになります。 放射能濃度についての確認等について、次のように定めている。 (2)第四十三条の三の五以降を第二節とし、発電用原子炉の設置、運転等に関する規制について規定している。

もっと

原子炉等規制法(平成24年改正)の概要 (10

)について原子力規制委員会の認可を受けなければならない。 クリアランス制度に基づき、(以下「検認」という)が整備された。 譴責、戒告、出勤停止、自宅待機命令• 具体的な審査項目としては、溶接される材料、溶接開先形状・寸法、溶接後の熱処理の確認、放射線透過法等による溶接部の非破壊試験、耐圧試験などがある。 船体としての建造許可は、一般船と同様に、「臨時船舶建造調整法」により造船業者が許可申請を行なう。 ・原子炉がに達する時。 第43条の28 使用済燃料貯蔵事業者が第43条の16の規定により許可を取り消されたとき、又は使用済燃料貯蔵事業者が解散し、若しくは死亡した場合において、第43条の14第1項若しくは第43条の15第1項の規定による承継がなかつたときは、旧使用済燃料貯蔵事業者等 (第43条の16の規定により許可を取り消された使用済燃料貯蔵事業者又は使用済燃料貯蔵事業者が解散し、若しくは死亡した場合において、第43条の14第1項若しくは第43条の15第1項の規定による承継がなかつたときの清算人若しくは破産管財人若しくは相続人に代わつて相続財産を管理する者をいう。 正確な名称は「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」。

もっと

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律とは

e)発電用原子炉施設の安全性の向上のための評価として、発電用原子炉設置者は発電用原子炉施設における安全性の向上を図るため、原子力規制委員会規則で定める時期ごとに、当該発電用原子炉施設の安全性について、自ら評価すること、及びこの評価を実施したときは、評価の結果、評価に係る調査及び分析並びに評定の方法等を原子力規制委員会に届け出ること、さらに当該届出をした評価の結果等を公表することを義務づけている。 「むつ」のものは平成3年2月に承認された。 この認可が認められるためには、下記の基準を満たす必要がある。 国際的には国際海事機関(IMO)によって原子力船の設計、建造、運航、保守、点検等に関する「IMO原子力安全基準」が作成され、1981年に採択されているが、「むつ」は採択以前に建造されていることからこの基準は適用されていない。 核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(以下、炉規法)では、加工事業の開始および事業内容の変更時に、事業許可(変更時には変更許可)申請書を提出することを義務付けている。 技術上の基準 放射性物質の臨界防止放射線による被曝の防止、主要な加工施設の耐震性、主要な容器及び管の耐圧強度 に適合すること 上記の工事が終了して、機器を使用する前に、国による各機器の使用前検査を受けなければならない。 <更新年月> 1998年05月 (本データは原則として更新対象外とします。

もっと

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律とは

<図/表> ・図表を一括してダウンロードする場合は をクリックして下さい。

もっと

原子炉等規制法とは

工事が設工認に従って行われていること• 燃料装荷前には、の認可を受け、またを選任して届け出る。 <関連タイトル> <参考文献> (1)内閣府原子力安全委員会事務局:改訂12版 原子力安全委員会指針集、大成出版社(2008年3月) (2)原子力規制関係法令研究会(編著): 2008年版 原子力規制関係法令集、大成出版(2008年9月) (3)原子力委員会高レベル放射性廃棄物処分懇談会:「高レベル放射性廃棄物処分に向けての基本的考え方について」(平成10年5月29日) (4)原子力委員会:原子力政策大綱(2005年10月) (5)原子力委員会:平成19年版原子力白書(平成20年3月)、 (6)原子力委員会安全委員会 原子力安全総合専門部会:「放射性同位元素使用施設等から発生する放射性固体廃棄物の浅地中処分の安全規制に関する基本的考え方について」(平成16年1月) (7)原子力安全委員会:「研究所等から発生する放射性固体廃棄物の浅地中処分の安全規制に関する基本的考え方」(平成18年4月20日) (8)文部科学省 研究開発局 原子力計画課 放射性廃棄物企画室:「RI・研究所等廃棄物(浅地中処分相当)処分の実現に向けた取り組みについて」 概要(平成18年10月3日)、 (9)文部科学省:「埋設処分業務に関する基本方針」について(平成20年12月25日) (10)文部科学省:研究施設等廃棄物の処分へ向けて(2008年) (11)経済産業省 原子力安全・保安院:廃棄物埋設事業に関する安全規制の手続き (12)経済産業省 原子力安全・保安院:放廃第18-2号資料「第二種廃棄物埋設に係る安全規制の検討状況」(平成19年12月20日) JAEAトップページへ ATOMICAトップページへ. (4)末尾の「を目的とする。 この認可が認められるためには、下記の基準を満たす必要がある。 1.わが国における規制の法体系 わが国の放射性廃棄物管理に関する活動を規制する法令は、次の3つである。 その他に母港における、放射性廃棄物等を保管・処理する付帯陸上施設も原子炉施設関連としての規制を受ける。 その後、経済産業省は、認可申請の第一回分としてクリアランス対象廃棄物107トンの放射能濃度測定結果について、平成19年5月、確認書を交付した。

もっと

わが国における放射性廃棄物処理処分の規制と責任 (05

また、2002年に発覚した原発のトラブル隠しのときは、国の監視・監査機能にかかる部分が改正された。 規制の項目については旧炉規法をそのまま継承している。 事業活動等に伴って生じた放射性廃棄物の処理処分の責任については、各事業者等が自らの責任において処理処分することを基本とし、処分の責任を有するものは、その具体的実施計画を整備し、処分費用を負担するなど処分を適切かつ確実に行う責務を果たすこととされている。 詳しくは、公益通報者保護制度(消費者庁ホームページ)を御覧いただくか、消費者庁の公益通報者保護制度相談ダイヤル(03-3507-9262(直通)(平日9:30~17:30。 2011年3月に発生した福島第一原子力発電所の事故を契機に、これまでの原子力発電所などの規制を強化するため、2012年6月、電気事業法の規制(定期検査など)を原子炉等規制法に一元化する法改正が行われました。 この場合において、これらの規定中「第2項」とあるのは「第43条の3の35第2項」と読み替えるほか、第12条の7第5項中「前条第4項」とあるのは「第43条の3の34第3項において準用する前条第4項」と、同条第8項中「又は」とあるのは「若しくは」と、「汚染された物」とあるのは「汚染された物又は発電用原子炉」と、同条第9項中「前条第8項」とあるのは「第43条の3の34第3項において準用する前条第8項」と、第22条の9第4項中「第1項」とあるのは「第43条の3の35第1項」と、「加工事業者と」とあるのは「発電用原子炉設置者と」と、「第16条の4、第16条の5及び第22条の7の2」とあるのは「第43条の3の14、第43条の3の16及び第43条の3の29」と読み替えるものとする。

もっと

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律とは

」と述べられている。 )について原子力規制委員会の認可を受けなければならない。 今回実施した高経年化技術評価では、現在行っている保全活動に加えて、一部の機器に対して追加保全策を講じることで、運転開始から30年以降においてもプラントを健全に維持できることを確認しました。 ただし、発電用原子炉施設の一部が滅失し、若しくは損壊した場合又は災害その他非常の場合において、やむを得ない一時的な工事としてするときは、この限りでない。

もっと