ラング ニック。 プレス戦術家ラングニックと考える、ペップとクロップとサッカーの未来。

プレス戦術家ラングニックと考える、ペップとクロップとサッカーの未来。

そこで彼は再び ラングニックのメソッドをに落とし込み、 約3年間指揮を取った後に ハーノファー、 とクラブを渡り歩きました。 英メディア『エクスプレス』が現地時間18日に報じた。 彼はそこのスポーツディレクターとして就任し、共に歩んできた 「法王」グロースを招へいして、 クラブのゲーゲンプレスの浸透、そして 新たな指導者の育成を始めました。 「相手のボール保持者に対して、私たちの選手が三角形を作って囲い込む。 有利な守備のために攻撃し、高い位置からの守備を攻撃に直結させる。 その趨勢がこの2019-20シーズン、着目すべきトピックの一つであることは間違いない。

もっと

現代サッカーの一大派閥「ラングニック流」。その戦術を徹底分析する|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

「8秒ルール」と呼ばれるトレーニングに使用するんです。 なるべく早く相手ゴールに迫り、なるべくたくさんシュートする。 2020年12月2日 に投稿された カテゴリ:• ラングニックのサッカーをごく簡単に表現すると、スペインの"ティキ・タカ"に代表されるポゼッションサッカーへのアンチテーゼだ。

もっと

ラルフ・ラングニック

マンマークとは違い、無駄に体力を浪費しないのが長所だ。 巻き戻しを繰り返し過ぎて、ビデオが擦り切れてしまったほどだ。 翻訳も下記に書き起こしましたので読んでいただければと思います。

もっと

ラルフ・ラングニック氏、来期ミランに合流!?

ドイツの全国区ではほぼ無名だが、同州の指導者の間ではカリスマ的存在である。 たった19歳でも、素晴らしい青年だとわかったよ」 また、現在のリヴァプールに言及。 かつて彼らが鎬を削ったブンデスリーガから、ゲーゲンプレスの潮流を生み出したラルフ・ラングニックに話を聞いた。 そのため、カバーシャドウをかけつつ押し戻すのも遠いサイドのFWの役目だ。 つまり、サッカーはリバイバルの繰り返しで、以前に見たような景色を10~20年単位で見ることになるわけだ。

もっと

ラングニック相関図/リバプールプレーヤーとラングック関連クラブまとめ

そこまでに至るチームというのは滅多になく、非常に完成度の高いチームといえる。 バイエルンやリバプールはこれを高度化したサッカーと言える。

もっと

リバプールの25歳MF、今夏退団が濃厚か。ミランが移籍先最有力?

攻撃陣を中央にぎゅっと集め、そこで斜めと縦のショートパスを繋いで高速アタックを仕掛けるというサッカーだ。

もっと

マルディーニ、ミランの全権求める次期監督候補ラングニックに皮肉「リスペクトを学べ」

そのころにミラン(イタリア)のビデオを繰り返し見て分析していたという。 2020年12月5日 に投稿された カテゴリ:• シュラー[…]• アシスタントコーチがそれを起動してカウントダウンを始める。 分析やイノベーションの専門家です。 同じような考え方でね。

もっと