石本 美由紀。 石本美由起とは

昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去― スポニチ Sponichi Annex 芸能

(2004年9月12日 、2006年11月26日 )• ISBN 4-8266-0238-3。

もっと

【石本美由起】プロフィール(年齢)

池田憲一『歌謡界人間 ひと 模様』白馬出版、1990年、260-262頁。 その年に横浜の国際劇場の開場1周年記念公演に立ったのがデビュー前の加藤和枝。 柿の木坂の家• めざにゅ〜 天気予報(2003年10月2日 - 2004年12月24日、木・金曜日担当) 水 - 金曜日メインキャスター(2011年10月5日 - 2012年9月28日)• 翌、作曲家に見込まれ共にに移ったことで、上原をはじめ、、らの作曲家とコンビを組み、、、らの楽曲を手がける。 他にらとのデビュー「浅草姉妹」等も手がけている。

もっと

昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去― スポニチ Sponichi Annex 芸能

道(みち)• 雪深深• 一見しっかりしてそうに見え、同期から頼りにされているが、実際には3人兄弟の末っ子でみんなについて行きたいタイプであると、本人は語る [ ]。 武蔵野の地に秋訪れて から松林は影も小暗 おぐら し 若人の声しじまに響き 暮れゆく夕べの静けさ破る• 草彅剛の女子アナ2011フジテレビ愛は本当にあるのかガチ検証SP」の「女子アナ歌がうまい王座決定戦! 貴船翠風• 出身地 広島県大竹市• おんなの海峡• 「憧れのハワイ航路」「悲しい酒」など数多くのヒット曲で知られ、27日に心不全のため85歳で亡くなった作詞家の石本美由起(いしもと・みゆき、本名石本美幸=いしもと・みゆき)さんの通夜が31日、横浜市の妙蓮寺で営まれた。 馬鹿っちょ出船• (2008年10月 - 2011年3月)プレゼンター担当• 十代の恋よさようなら• 主な作品 「逢いたかったぜ」「渡り鳥いつ帰る」「東京の人よさようなら」「港町13番地」「柿の木坂の家」「哀愁波止場」「ソーラン渡り鳥」「悲しい酒」「矢切の渡し」「さだめ川」「」「酒きずな」「河内おとこ節」など、多数のヒット曲を手がけている。 面倒見の良さでも知られ 、広く後進の指導にもあたった。 (2009年10月3日 - 2011年3月26日)土曜日キャスター。

もっと

石本美由起

2009年10月3日放送の『フジアナスタジオ まる生2009』では同曲のレコーディングの模様が紹介され、同日から番組のエンディングテーマとして番組終了時に流されている。 を持った歌唱力が有り、歌の上手さではフジきってのものと言われる。 暮れ、東京に住まいを移し、の専属となって作詞家としてのスタートを切る。 大衆の哀歓を反映させた叙情的な作品が多く、国内旅行さえもままならない戦後わずか3年の48年に「憧れのハワイ航路」を出し、敗戦で打ちひしがれた人々に夢を与えた。 試練にいつも 立ち向かい 黄色に賭けて 開く道 行く手を壁が 阻もうと 持てる力を 試したい 燃えて生きる心 熱く生きる心 どこまでも 行け行け 東経 東京経済 行け行け 勝利を 掴もう 東京経済• 十国峠の白い花• 横山氏は在学中に亡くなりましたが、その後、大和正弘氏(昭和31年卒)<一部未確認>が、キングレコードに在職中、同氏の尽力で同社発行の「熱血の寮歌集」に収録されました。

もっと

石本美由起とは

新歌謡界 [ ] 作詞家を志す後進の育成を目的として歌謡同人誌「」を主宰した。 同期のアナウンサーは、・・。 。 東京の人さようなら• 5 土曜日の『』を兼務。 4 フィールドキャスターを兼務(長野は2008年3月まで)。

もっと

作詞家・石本美由起×美空ひばり 昭和歌謡ふたつの歌魂~海が育んだ絆~(BSテレ東)の番組情報ページ

2013年1月10日、1歳年上の会社員の男性と2月に結婚することを発表。 池田憲一『歌謡界人間 ひと 模様』白馬出版、1990年、260-262頁。 愛称は「 さおりん」、「 さおちゃん」、「 石本ちゃん」などで、アナウンスマガジンでは「さおちゃん」と記される回数が多い。

もっと

石本美由起さん通夜…祭壇前にひばりさん草稿― スポニチ Sponichi Annex 芸能

その数200作品。 東京の人さようなら• オロチョンの火祭り• 憧れの東京• 奥山弘「艶歌の竜」と歌謡群像、1995年、 外部リンク [ ]• 曲の作詞は石本アナ 作曲はアナが担当した。 憧れの東京• 石本は大正13年、瀬戸内海に面した大竹市に生まれた。 酒きずな• 矢切りの渡し:瀬川版には送り仮名の「り」がある• 7 2009年から水 - 金曜日のメインキャスターを兼務。 憧れの東京• 最終更新: 2020年11月19日 03:20• (2005年7月20日、7月29日 - 9月30日の金曜日、アナの代役。 (2005年度)(フジテレビ巨人戦中継日)ナイター情報、ナビゲーター(2005年4月6日 - 9月7日) にを付けて出演• は「母は最後まで石本先生の歌を大事にしていた」と話し 、ひばり自身が選ぶコンサートの曲には必ず石本作品があった。 奥山弘「艶歌の竜」と歌謡群像、1995年、 外部リンク [編集 ]• 十代の恋よさようなら• 土曜日担当(2009年10月3日 - 2011年3月26日)• つつじのはなびら地に舞い落ちて 白銀 しらがね の月さやかに浮かぶ 武蔵野の地をさまよい行けば 真理 しんり の道は遥かに遠し• 矢切りの渡し:瀬川版には送り仮名の「り」がある• この他、、校歌、校歌、校歌、「の歌」、「」、社歌「明日をつくる」等も手がけている。

もっと

昭和の名作詞家また…石本美由起さんが死去― スポニチ Sponichi Annex 芸能

(2004年12月18日、2005年3月19日、4月23日、5月14日、9月24日、2006年5月13日)• 2011・2012(2011年4月13日 - 2012年3月)水曜日キャスター• (2010年5月29日 - )産休時の代理。 毎年恒例の新人アナウンサーによるお天気キャスターの夏休み時代理で出演した。 水曜日~金曜日担当• 関連項目• 薄幸花• 逢いたかったぜ• 公式戦 ()リポーター• 夏は緑の松の木陰で 共に語らん未来の世界 希望に溢れ瞳かがやく わが青春の血潮は躍 おど る• 122012年6月に廃止。 ここからや、、らを初めとする多くの優れた才能が世に輩出されている。 無情念仏 2015年11月4日閲覧。

もっと