ムーン ショット 目標 内閣 府。 【驚愕の事実】ムーンショット計画と政府の2050年目標を徹底解説・考察!誰も教えてくれない6つの目標

ムーンショット目標5 2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

是非、最後までお付き合い頂けたら嬉しです。 ムーンショット目標4 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)• ジョン・F・ケネディがアポロ11号の初の月面着陸のプロジェクト名が 「ムーンショット」だったんです。 その中で、日本の率いるは通称『計画 正式名称:型研究開発制度 』を発表し、7つ目標を立ち上げ、これまでにない、まるでの様な世界を実現しようとしています。

もっと

ムーンショット目標決定のお知らせ

自分の目に映っているものをデジタル処理することで、映像データとしてクラウドにアップロードすることができるので、他の誰かに自分が見聞きした情報をそのまま伝えることができるというのです。 (ここからは筆者が想像したことをつらつらと書いていきます。 人がAIと融合していくのが分かりますよね? 最後に 月にウサギって本当にいるのかな? いかがでしたか? これが段階的にですが、まず 10年後の2030年には少し実現しているのでしょうか? 楽しみですねー! しかしながら2050年には…筆者はもうおばあちゃんになっております。 もちろん世界人口は今の75億人から10億人以下に大幅に削減されていることだろう。

もっと

『内閣府が正式公表』2050年までの目標ムーンショット計画が怖い

0を実現できるように目標が立てられています。 そのため、人間の脳を何かしらの方法で拡張もしくは補助してやる必要性が出て来ます。 ムーンショットが目指す社会• ケネディ元大統領は、1960年代が終わるまでに「人類を月へ送り、地球へ帰還させる」という目標を発表しました。 これはある意味、便利な道具を抜きにしたドラえもんが完成することに等しいです。 サイバネティック・とは、身代わりとしてのロボットや 3D 映像等を示すに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張する ICT 技術やロボット技術を含む概念のことで、Society 5. また、リアルでは外骨格やロボットで、私生活や仕事を補助するようになり、仮想現実内 ではでの生活を行うこととなります。 災害時の人命救助から復旧までを自律的に行うロボットシステムの構築 自分で考え、行動する自律型AIロボットの開発により、実現されうる事は上記のとおりです。

もっと

なにこれ? ムーンショット計画=人類のロボット化計画 内閣府の計画

大真面目にアニメや漫画の世界の実現を目指し推し進める内閣府の闇が深い深すぎる。 日本で現金だ電子マネーだと言っているうちに、北欧ではマイクロチップで支払いをしているのですから、日本政府が技術革新の急務を目指すのもわかりますよね。 目標1 貧困をなくそう• 皆さんこんにちは。

もっと