不 信任 決議 と は。 内閣不信任決議とは?東大卒の元社会科教員がわかりやすく簡単に解説|もちおスクール

議会の不信任議決

松澤浩一著 『議会法』 ぎょうせい、1987年、264-265頁• 跡部は村議会解散を選択したが、その2日後に村長を辞職した。

もっと

出したいけど、可決したら困る。「内閣不信任案」:もっと楽しく政治の話をするための国会のルール5

それを行使する場合、不信任決議案を審査したうえ議員の合議によって決定することになりますから、議会 議員 には不信任「議決権」があるということになります。 こういうことをきっかけにして、 野党は内閣を批判するんだ。 2007年(平成19年)6月18日 衆議院 懲罰委員会 委員長 辞任拒否。 熟語を思いつかなかったので変な例で恥ずかしいですが、 「録画予約」と「予約録画」みたいなものでしょうか。 という意味です。 その趣旨は、それまでの内閣総理大臣を指名した衆議院が存在しなくなり、衆議院議員総選挙によって新たに衆議院が構成されることになった以上、たとえ同一の者が内閣総理大臣に指名されるとしても内閣は新たにその信任の基礎を得るべきであるとの趣旨である。

もっと

内閣不信任決議案

なお、衆議院解散については 7条解散と 69条解散とに分類して説明されることがある。 主にが内閣()を倒す(これをという)か、弱体化させるための手段として使用する。 ということです。

もっと

内閣不信任決議ってどんな制度なの?内閣不信任決議の制度などや不信任案をわかりやすく解説!

日本語としては両者にほぼ差はありません。

もっと

出したいけど、可決したら困る。「内閣不信任案」:もっと楽しく政治の話をするための国会のルール5

ただ、「7条解散」と「69条解散」という分類は一義的でなく文献によって異なった分類の仕方がなされており、内閣不信任案が可決されたことを受けて内閣が解散を選択した場合を69条解散としそれ以外の場合を7条解散として分類している文献 (この分類をとると69条解散は現在までに4例ということになる)がある一方で、詔書の文言を基準としてにおける解散(後述の)が69条と7条に基づく解散とした上で他の解散はすべて7条解散であるとして分類する文献 もある。 組閣から内閣不信任決議案採決までの最短記録 - 8日後(組閣:2010年6月8日・採決:6月16日採決)• 採決方法は本会議前の議院運営委員会において決せられる。 Q 本を読んでいたらわからなくなったので教えてください。 その場合、不信任案の採決は先決問題として一般の議案に優先して処理され、閣僚の数だけ不信任案の採決を行うことが可能であるため、議事運営は引き延ばされることとなる。 131など参照• 内閣不信任決議案及び内閣信任決議案の一覧 回次 本会議採決日 内閣 決議案 採決 可 否 票差 備考 4 (昭和23年) 不信任 可決 227 130 97 同日衆議院解散() 内閣不信任決議が記名投票で可決された歴代最大の票差 7 (昭和25年) 不信任 否決 143 256 113 2案上程、一事不再議により2案目審議不要 13 (昭和27年) 第3次吉田内閣 不信任 否決 113 234 121 2案上程、一事不再議により2案目審議不要 15 (昭和28年) 不信任 可決 229 218 11 同日衆議院解散() 内閣不信任決議が記名投票で可決された歴代最小の票差 19 (昭和29年) 不信任 否決 208 228 20 3案上程、一事不再議により他の2案審議不要 内閣不信任決議が記名投票で否決された歴代最小の票差 20 1954年 (昭和29年) 不信任 未決 - - - 本会議上程前に内閣総辞職 24 (昭和31年) 信任 撤回 - - - 議事日程への追加動議可決後、趣旨弁明前に提案者が撤回 1956年 (昭和31年) 第3次鳩山一郎内閣 不信任 否決 151 258 107 26 (昭和32年) 不信任 否決 151 249 98 28 (昭和33年) 第1次岸内閣 不信任 未決 - - - 本会議上程後、討論中に衆議院解散() 31 (昭和34年) 不信任 否決 142 253 111 38 (昭和36年) 不信任 未決 - - - 本会議上程前に会期終了・廃案 46 (昭和39年) 不信任 否決 164 270 106 51 (昭和41年) 不信任 否決 144 226 82 56 (昭和42年) 不信任 否決 156 235 79 61 (昭和44年) 第2次佐藤内閣 不信任 否決 182 250 68 67 (昭和46年) 不信任 否決 178 283 105 68 (昭和47年) 第3次佐藤内閣 不信任 否決 159 267 108 71 (昭和48年) 不信任 否決 190 252 62 73 (昭和49年) 第2次田中角榮内閣 不信任 否決 197 265 68 75 (昭和50年) 不信任 否決 少数 多数 不明 起立採決(内閣不信任決議案に対して日本社会党が棄権との立場をとったため記名採決とせず起立採決 ) 76 1975年 (昭和50年) 三木内閣 不信任 否決 194 254 60 78 (昭和51年) 三木内閣 不信任 未決 - - - 本会議上程前に会期終了・廃案 88 (昭和54年) 不信任 未決 - - - 本会議上程後、趣旨弁明前に衆議院解散 91 (昭和55年) 不信任 可決 243 187 56 同月19日衆議院解散() 96 ' (昭和57年) 不信任 否決 少数 多数 不明 起立採決(内閣不信任決議案に対して日本社会党、民社党、新自由クラブ・民主連合が棄権との立場をとったため記名採決とせず起立採決 ) 98 (昭和58年) 不信任 否決 122 261 139 100 (昭和58年) 不信任 未決 - - - 本会議上程後、趣旨弁明前に衆議院解散() 113 (昭和63年) 不信任 否決 191 286 95 123 (平成4年) 信任 可決 326 128 198 他に不信任決議案1案提出、 一事不再議により上程不要 日本国憲法では初の内閣信任決議の採決 126 (平成5年) 不信任 可決 255 220 35 同日衆議院解散() 129 (平成6年) 不信任 未決 - - - 可決が確実なため本会議上程前に内閣総辞職 132 (平成7年) 不信任 否決 189 290 101 141 (平成9年) 不信任 否決 219 268 49 142 (平成10年) 不信任 否決 207 273 66 145 (平成11年) 不信任 否決 134 354 220 147 (平成12年) 不信任 未決 - - - 本会議上程後、趣旨弁明前に衆議院解散() 150 (平成12年) 不信任 否決 190 237 47 151 (平成13年) 不信任 否決 192 274 82 154 (平成14年) 不信任 否決 185 280 95 156 (平成15年) 不信任 否決 178 287 109 159 (平成16年) 不信任 否決 193 280 87 (平成17年) 不信任 未決 - - - 本会議上程後、趣旨弁明前に衆議院解散() (平成18年) 不信任 否決 134 335 201 (平成19年) 第1次安倍内閣 不信任 否決 130 330 200 (平成20年) 信任 可決 336 10 326 前日に参議院でを可決 記名投票における歴代最大の票差(信任が可決された歴代最大の票差) (平成21年) 不信任 否決 139 333 194 同日に参議院で首相問責決議を可決 (平成22年) 不信任 否決 153 315 162 (平成23年) 不信任 否決 152 293 141 否決後に再び与党内で造反()の動きが起き、決議案再提出の可否が論じられた (平成24年) 不信任 否決 86 246 160 自民党と公明党は賛成せず欠席 (平成25年) 不信任 否決 少数 多数 不明 起立採決(日本維新の会が不信任決議案に反対したため規定数に達せず起立採決) (平成27年) 不信任 否決 139 325 186 (平成28年) 不信任 否決 124 345 221 2016年 (平成28年) 不信任 否決 119 342 223 内閣不信任決議が記名投票で否決された歴代最大の票差 (平成29年) 第3次安倍内閣 不信任 否決 123 342 219 (平成30年) 不信任 否決 135 320 185 (令和元年) 6月25日 不信任 否決 134 323 189 脚注• 日本国憲法下においては内閣は第一次院たる衆議院における指導的勢力を基礎として存立する。 スポンサードリンク. このようなことから便宜上、内閣信任決議についてもこの項目で扱う。

もっと