日産 軽 自動車 一覧。 【2020年最新版】日産軽自動車一覧!新型ルークス最新情報も!

日産の軽自動車比較人気ランキング!【2019年版】

GAZELLE 1979年 1986年 2代 3・4代目シルビアの姉妹車 SUNNY CALIFORNIA 1979年 1996年 4代 サニーのステーションワゴン版 LANGLEY 1980年 1990年 3代 日産自動車がかつて製造していた小型自動車である LEOPARD 1980年 1999年 4代 日産自動車がかつて製造・販売していた高級パーソナルカーである LEOPARD TR-X 1980年 1986年 1代 初代レパードの姉妹車。

もっと

今買うべき軽自動車はスズキハスラーか日産デイズ!軽スーパーハイトワゴンを除外するワケ

2003年• DUALIS 2007年 2014年 1代 日産自動車が生産していたクロスオーバーSUV。 「セカンドカー」として使われる方も多い軽自動車だと、ユーザーが求める声はちょっと違う。 2006年• 車名はかつて同市場で販売されていた、の中国語読みに由来する。 U41 BUSETA(マイクロバス) 今後の車種展開 [ ] 「今後発売が予想される車種」及び「今後販売終了が予想される車種」、また同様の意味を持つ節の設置についてはプロジェクトとして禁止されています。 昨今、新車の車両本体価格が200万円以上する軽自動車は、決して珍しくない。 AUSTIN A50 CAMBRIDGE 1955年 1960年 1代 A40サマーセット後継。 日産の電気自動車「リーフ」は、ユーザーから寄せられる要望へ応えるため、バッテリーを増加し続けてきた。

もっと

スライドドア軽自動車ランキング2020

欧州市場向けの「キャシュカイ」は1. さらに、スズキや三菱から軽自動車のOEM供給を受ける。 (A31)• また、中国市場では、3代目として現地生産されている。 ブランド概要 日産は、1933年にダット自動車製造と石川島自動車製作所が合併して設立された自動車工業株式会社が起源。

もっと

日産の軽自動車一覧!三菱との合弁会社NMKVとは?

現行7代目より、日本・中国で販売されるとボディパネルを 共用化している。 (とのダブルバッジ)• 日産モトール・イベリカ バルセロナ工場 () (ローグスポーツ) 2. 新型デイズには、遠出を楽しむことをサポートするために考えられた新たな安全機能を取り入れています。 日産自動車 栃木工場 () SKYLINE 1957年 2013年11月11日 (13代目) 2019年7月16日 同社の現行車種最古参 プリンス時代を含めて13代61年。 」 との仮説をたて、日産は独自調査を実施。 現行3代目より、海外市場専用モデルとなった。 また、コンパクトで軽量なため燃費も良いですし、広い室内空間を売りにした車種も増えてきました。

もっと

今買うべき軽自動車はスズキハスラーか日産デイズ!軽スーパーハイトワゴンを除外するワケ

CHERRY CAB 1969年 1978年 1代 日産自動車が発売していたキャブオーバートラック、バンである CHERRY 1970年 1978年 2代 日産自動車初のFF車。 文:吉川賢一/写真:SUZUKI、NISSAN、HONDA、DAIHATSU、MITSUBISHI、TOYOTA スズキは2015年に先代ワゴンRにSエネチャージを登場させて以来、小型車とともに軽自動車のマイルドハイブリッド戦略を積極的に展開 軽自動車のユーザーは、そういった性能よりも経済性や、室内の広さなどのプライオリティが高い傾向にあると考えられる。 基本設計は2代目と共通。 (をベースとする)• 2000年• 0L自然吸気のみの設定である。 FERIE (画像は北米向けインフィニティJ30) 1992年(1980年) 1996年 1999年) 4代 レパードの3代目は、海外向けを国内市場用に手直しし 「レパードJ. 2代目以降は、の姉妹車として販売された。 スマーナ工場・キャントン工場の両工場で生産されている。 ラインアップは北米市場向けがV6 3. Cセグメントの電動SUVで新開発ツインモーターの電動駆動4輪制御システムを採用する。

もっと

日産自動車の車種一覧

シートレイアウトは2列シート5人乗りと3列シート7人乗り仕様は従来モデルの継続となる。

もっと

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車

FIGARO 1991年 1992年 1代 初代マーチ(K10型)をベースとしたパイクカー・シリーズの第3弾であった。 SILVIA 1965年 2002年 7代 初代と2代目の間に生産停止時期あり HOMY 1965年 1999年 4代 初代はが開発・販売していたモデル。 6Lのディーゼルターボの計4種のエンジンを用意。

もっと

国産の軽自動車一覧【トヨタ・スズキ・ホンダ・日産・ダイハツ・マツダ】

国産車初のフルオープンタイプ電動メタルルーフのクーペカブリオレである。 こちらの登場は2009年5月19日の登場で、古くなっているのでいつフルモデルチェンジしてもおかしくない状況にある。 (のOEM)• 2011年6月より、ネーミングが「ラフェスタJOY」に変更された。 水島製作所 () DAYZ 2013年 2019年3月28日 (2代目) との合弁企業で企画・開発された軽自動車。 発売当初は、初代の輸入モデルであったが、以後、国内生産に切り替えられた。 価格は180万1800~219万100円。

もっと

日産 軽自動車 一覧 (新車・新型)

発売当初のネーミングは「プレーリーリバティ」 TINO 1998年 2003年 1代 日産自動車で製造・販売されていた乗用車である cube 1998年 2020年 3代 BASSARA 1999年 2003年 1代 日産自動車が生産していたミニバン。 事業用のクルマとして活躍中 また日産も、過去に「ハイパーミニ」という軽EVを出してはいるが、やや実験車的なシティコミューターとして販売しており、量販向けの軽EV開発としては、昨年の東京モーターショーで発表した軽EVの「IMk」が、今後登場となる予定だ。 。 2019年10月現在、欧州市場をメインに販売を継続している。 現行2代目より、北米市場にも「ローグスポーツ」の名称で 投入されている。 V8 5. 主な狙いとしては、自社モデルのラインナップを増やし、他社モデルにちょっとした手を加えて販売をしていくことができるため、新たな開発へのコスト削減をすることができるという利点を活かせる仕組みとなっています。

もっと