菜の花 おひたし レシピ。 菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

菜の花の旬の季節は2月から3月といわれ、短い期間にだけ食べることができる食材ですね。 どんな野菜も年中手に入る現代ですが、菜の花は春にしか味わいえない数少ない食材のひとつに数えられます。 冷めたらぎゅっときつくしぼって容器に入れます。 ゆで時間は 『茎1分ゆでたあとに穂先を入れてさらに30秒ゆでる』が目安となります(穂先と根元で時間差をつけてゆでるとよいです)。 それを切らずに丸ごとゆでる時は全部を入れて1分くらいゆでるとよいです(穂先は1分以上ゆでないほうがよいです)。

もっと

菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

ほうれん草の20分の1といわれるほどのアクしかないので、神経質にならなくてもいいですが、茹で過ぎや水にさらし過ぎには注意が必要です。 アブラナ科の各品種のことはふれずに、ここではあくまで調理方法・ゆで方についてふれたいと思います。

もっと

菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

。 私の住む愛知県付近のスーパーでは下のような品揃えでした。 上のゆで時間を参考にしつつ、茎の直径からおおよそのゆで時間を確認します。

もっと

菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

鍋に湯を沸かし、ティースプーン山盛り1杯くらいの塩を加えます。 天ぷらやパスタ、サラダやスープなどさまざまな料理に使えますが、菜の花の食べ方としてはやっぱり【おひたし】が定番といえるでしょう。

もっと

菜の花のおひたしを美味しく食べるレシピ大特集♡選び方から驚きの栄養まで徹底調査しました!

・ 【つぼみ部分だけを摘み取って袋詰めして売られているタイプ(中央)】グラム数の割にはちょっと値段は高めです。 菜の花の種類 スーパーで売られている菜の花・なばなは 「アブラナ科の野菜をつぼみや茎、若葉で収穫したものの総称」らしく、販売方法もいくつか種類があるようです。 半分にしてそれぞれの太さを見てみると、茎の下部は12mm、つぼみ部分の切り口は6〜7mmといったところ。 ゆであがった菜の花は、すぐに冷水にとって冷まします(予熱でも余分に火が通ってしまうため)。 菜の花のゆで方の詳細 ここからはより詳しく、工程のながれを写真とともに紹介したいと思います。

もっと

菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

手でギュッとしぼってから料理に使ってください。

もっと

菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

ほろ苦さと甘みをあわせ持つ大人味ともいえる菜の花ですが、どのようにして食べるのが美味しいのでしょうか。 その後、はじめに茎側を入れてゆでます。 また、選ぶときはつぼみ付きの物に関しては、花の咲いていないものを選び、切り口がみずみずしいものを! 菜の花の太さによるゆで時間の違い 上で紹介した長い茎もセットで売られているものは、料理屋で勤めていた時にも長年使っていたもので、 「つぼみ部分と茎部分に分けて、時間差をつけてゆでる」ことが必要です。 菜の花のゆで方とゆで汁の確保 菜の花は根元が乾いていれば少し切り落とし、長ければ食べやすい幅に切ってからゆでます。 この方法が定番なのではないでしょうか。

もっと

菜の花のゆで方と茎の太さごとのゆで時間:白ごはん.com

太さは時期や商品によって差が大きいので、細めから太めのものをそろえて、一度ゆで時間を確認してみた結果が下の通りです。 ・ 【穂先が整えられて一束になっているタイプ(左)】つぼみから20㎝くらいを切り取っているので、つぼみ下の茎も一緒に調理します。 この太さの差でもちょうどよいゆで時間が違うので、時間差をつけてゆでるとよいです。 ・ 【つぼみのついていない、茎と葉部分だけの菜の花(右)】葉物野菜に近いこのタイプにも、地域ごとに品種・ブランドがあるようです。 旨味が逃げてしまうだけでなく、大切な栄養も壊れてしまうので長時間茹でたり、長時間水にさらしたりしないように注意しましょう。

もっと