Yg グループ。 「YG宝石箱」出身の日本人&オーディション番組出身メンバーも!RAIN、自社初の新人ボーイズグループ“ciipher”を披露…本日YouTubeで公開

YGの新人グループ TREASURE、デビューから100日足らずで3枚のアルバムをリリース! 曲作りに挑戦した日本人メンバー ヨシ、アサヒの熱い思いも明らかに

YGの生みの親で、所属しているアーティストやアイドルグループを一生懸命サポートして支えてきたヤンヒョンソク(ヤンサ)社長が辞めるとは思ってもいませんでした。 YG練習生期間は比較的短く、『YG宝石箱』では歌唱力について厳しい指摘を受け続けたジョンファン。 9月18日にリリースされます。 知識や偏見にとらわれず、先入観を持たない天才が音楽を作ったからこそ、AKMU独自の楽曲の世界が生まれたのだと思います。 さらに同アルバムには、バラード曲「ORANGE」が収録されている。

もっと

YGの新人グループ TREASURE、デビューから100日足らずで3枚のアルバムをリリース! 曲作りに挑戦した日本人メンバー ヨシ、アサヒの熱い思いも明らかに

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。 楽曲にふさわしいサウンドを選択できるようになり、少しずつレベルアップしている」と述べた。 tee• COUNTDOWNにてデビュー後4日で初の1位を獲得。 長年応援していたファンにとっても心待ちのデビューでした。 TREASUREは9月18日、2ndシングルアルバム「THE FIRST STEP : CHAPTER TWO」を発表するや否や、49日後の11月6日「THE FIRST STEP」シリーズの完結版となる3rdシングルアルバム「THE FIRST STEP : CHAPTER THREE」をリリース。

もっと

【2019最新】モンゴル出身!?YG所属の兄妹デュオ「楽童ミュージシャン(AKMU)」を紹介!

BIG BANGの「BANG BANG BANG」やBLACK PINKの「Kill This Love」など人気楽曲をデビュー曲から最新の曲まで多数収録し、いつでもどこでもYGアーティストの音楽をリズムゲームで体験することができます。

もっと

YGエンターテインメント

タイトル曲の作詞には、メンバーのチェ・ヒョンソク, ハルト, ヨシが参加。 YGエンターテインメントに対しBLACKPINKのファンが怒りを見せている。

もっと

WINNER (音楽グループ)

「AKMU」は兄妹で結成されているグループで、5年間宣教師の両親とモンゴルで遊牧生活をしていたという超自然派なグループです。 MV撮影スポイラー 9月11日16時、タイトル曲「I LOVE YOU」のMV撮影スポイラー映像が公開。 (INNER CIRCLE JAPAN・YGEX SHOP限定) CD-イ・スンフン Ver. 「自分がチームの足を引っ張っている」と涙を流すジョンファンが印象的でした。

もっと

グローバル人気グループ「BIG BANG」や「BLACK PINK」の公式リズムゲーム『SUPERSTAR YG』が本日より事前登録を開始!|株式会社DalcomSoft Japanのプレスリリース

treasuremember - (韓国語)• その結果、12人体勢で「TREASURE」としてデビューすることになりました。

もっと

グローバル人気グループ「BIG BANG」や「BLACK PINK」の公式リズムゲーム『SUPERSTAR YG』が本日より事前登録を開始! | ガジェット通信 GetNews

ファンの怒りの理由とは一体…? 作詞・作曲・編曲を務める兄「イ・チャンヒョク」 - 2017年 9月月9日午前12時48分PDT• チェ・ヒョンソクは「僕たちの言葉で表現できるのが楽しい」とコメント。 YG所属練習生11人が『TEAM A』『TEAM B』の2チームに分かれ、デビューをかけて熾烈なバトルを繰り広げてきた中、10月25日に韓国 オリンピックハンドボール競技場にて行われた最終バトル、及び視聴者による最終投票によって、『TEAM A』がより多くの票数を獲得し、新アーティスト『WINNER』としてデビューが決定した。 美容にラジオDJ!多様に活動する妹「イ・スヒョン」 - 2019年 6月月6日午後11時44分PDT• MILLENIUM• 先のスケジュールも組んで活動していると思いますが、YGエンターテイメントに疑惑が上がっている以上今まで通りに活動していくのは大変だと思います。 言語:• 2016年からYG練習生として過ごしていました。 その実力はTREASUREナンバーワンの歌唱力をもつ、イェダムと肩を並べるほどだとヤンヒョンソクが評価するほどです。 一部のファンの間では倒産するのではないかという声も上がっていました。

もっと