ビルト シュバイン。 量産型ビルトシュバイン

ヒュッケバイン

『第2次OG』では登場しない。 『第2次OG』では登場しない。 構想初期段階で設定された大枠は、試作機を含め少数のPT生産、それらの運用部隊の設立、機体用モーションパターンデータの構築にあった。

もっと

ヒュッケバイン

ガーバインに改装されなかったMk-IIIの消息は不明。 無論、得られたデータや培われたノウハウはRシリーズ以外へのフィードバックも予定されている。 ゲーム中では1号機と2号機で性能が若干異なる。 Super Robot Taisen Original Generation 2 書籍 [ ]• 上記の理由と複合して ビルトシュバインは物理的に抹殺されたため、登場しなかったのではないだろうか? OG2の敵についていけなかった。 『OG』シリーズでは武器側にもブラックホールエンジンが搭載されている。

もっと

ドイツ語

5に登場。

もっと

スパロボOG ビルトシュバインはなぜGBA版OG2に登場しなかったのか?考えてみた。

PTX-007 ゲシュペンストMk-II• 汎用量産型に相当するPTには際立った特徴はないが、作品中のメインキャラクターが搭乗する試作型やカスタムタイプのPTには様々なオプションが設定されている。 3連マシンキャノン Autocannon 両腕部に3基ずつ装備された実弾機関砲。 グラビコン・システムを装備しており、攻撃にはGインパクト・キャノン、防御にはグラビティ・ウォールを使用可能。 ドラマCD [ ]• アニメに登場しなかったと同様の武装。

もっと

量産型ビルトシュバイン

このことからもわかる通り、PTとはマオ社がつけた名称ではなく、競作を経て勝ち取った名称といえる。 〇リオン イスルギ重工製の最初期型AM(アーマードモジュール)。 1t 核融合ジェネレーター 砲 3連マシンキャノン ツイン・ビームカノン ネオ・プラズマカッター(『OG2』) G・レールガン(『OG2』) M950マシンガン 『DW』 乗員人数 1人 搭乗者 ゲシュペンストをベースとして開発された砲撃戦用重PT。 『OG』シリーズでは汎用武器。 以下はOGシリーズでの設定。 系列機のデザインは、量産型を除きすべてが担当している。 これら問題点のため、現状のゲシュペンストは連邦軍の目指す万能兵器という理想に達するものではなかった。

もっと

パーソナルトルーパー

特機並みの装甲防御力を持ちつつ、機体各部のスラスターにより高運動性も維持している。 マルチトレースミサイル Tracer Missiles 背部コンテナに搭載された多連装ミサイル。 機動性においてはジェガン・ゲシュペンストを上回り、同時期に採用された機体の中でも最も低コストかつ高い生産性もあってバタラと共に大量生産された。 T-LINKナックル及びブレードナックルを連携で打ち込み各機変形、リボルヴァーキャノンやホーミングミサイルを発射し、再変形後両機同時にナックルで突撃する。 スプリット・ビームキャノン 背部ジャケット・アーマーに収納されるビーム砲。 ブーストハンマー Boost Hammer マリオン博士がアラドのために急造した状の兵器。 OGシリーズのように強化改造されていたかも不明。

もっと

ヒュッケバイン

RXR計画スタッフは次世代Rシリーズ開発の本格的な着手を前に、同シリーズ機と最新型EOT搭載PTの複合機を開発し、実地運用によって得られる活きたデータをフィードバックすることで後のレイオスプランの方向性を見定めようとした。 DC戦争シリーズ• ブラックホール・バスターキャノン 通称「BBC」。 『 Vol. ライディース・F・ブランシュタインやART-1、アーマリオンの項目では、それぞれヒュッケバインに関わる記述があるが、アーマリオンの項目を除いてヒュッケバインの名前は使用されず、形式番号(RTX-008R、RTX-011)で記載されている。

もっと

ビルトシュバイン (びるとしゅばいん)とは【ピクシブ百科事典】

後にシュウ陣営の保護を受け、その戦力となった。 カークはロボット工学の博士号を取得した天才エンジニア、マリオンは駆動系のエキスパートであった。 G・リボルヴァー G-Revolver PT用拳銃。 T-LINKシステムを搭載した1号機は、DC戦争時にムーンクレイドルへ立ち寄ったヒリュウ改の戦力へ組み込まれ、ATXチームのブリットが搭乗する。 連邦軍開発実験団第3人型機動兵器開発実験隊が、量産型ヒュッケバインMk-IIをベースに設計した改修機。

もっと