60 年代 ヒット 曲。 60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

昭和60年(1985年)にヒットした歌謡曲

Elvis Presley• The Supremes• 例えば、「アンチェインド・メロディー」は1990年映画「ゴースト、ニューヨークの幻」で取り上げられ再ヒットするなどに代表されるように、この時期の曲の暖かさ、せつなさは時代を超えて生きていると思います。 峠の幌馬車:ビリー・ヴォーン楽団• App Store is a service mark of Apple Inc. The Association• Steve Lawrence 1964年 ビルボード1位獲得曲• 「思い出して歌いたい!」そんな方も 多いのではないでしょうか。 The Supremes• 雨にぬれても:B. 愛はかげろうのように:シャーリーン• ミスター・ロンリー:レターメン• ザ・ロネッツは1960年代に活躍したアイドル・ポップグループで、姉妹とその従妹で構成されていました。 この曲は邦題が『火の玉ロック』と実にキャッチー。 死ぬほど愛して:アリダ・ケッリ• 500マイルもはなれて:キングストン・トリオ• そよ風にのって:マージョリー・ノエル• この他、日本でも沢山の曲がカバーされました ので子供たち僕らにも曲の意味がある程度わかったのがこの時代かと思い ます。 ドラマの曲、やはりCM とかの設定ものにはぴったりかと。 Roy Orbison• この曲もオールディーズの定番としてもともとよく知られていましたが、現代の一般層に広く認知されたのはやはり映画『スタンド・バイ・ミー』で印象的に使われていたことから。

もっと

最高に懐かしい邦楽ヒット曲18選 【70年代~90年代:男性編】

The Beatles• The Tokens• Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 煙が目にしみる:プラターズ• この64年、65年、66年は非常 に沢山のヒット曲が生成されています。 四月の恋:パット・ブーン• 夢のカリフォルニア:ママス&パパス• ビキニ・スタイルのお嬢さん:ブライアン・ハイランド• , , , Apple and the Apple logo, iPhone, Mac, Apple Watch, CarPlay are trademarks of Apple Inc. ジョージー・ガール:シーカーズ• 「みんなうた」と同じようにね。 たぶん。 Johnny Rivers• 悲しき街角:デル・シャノン• 雨:ジリオラ・チンクェッティ• 貴方にひざまついて:ジャンニ・モランディ• ラヴィン・ユー:ミニー・リパートン• 雪が降る:アダモ• ラスト・ワルツ:エンゲルベルト・フンパーディンク• 本当はこちらも切ない曲なんですよ。 雨に消えた初恋:カウシルズ• 最近では、2012年のロンドン・オリンピックでポール・マッカートニーが歌っていたことが記憶に新しいですね。

もっと

【新たなマニアが増殖中!】1950~1960年代の定番ジャンル・オールディーズの名曲特集 — News

ワイト・イズ・ワイト:ミッシェル・デルペッシュ• その下に隠れて、こっそりイチャイチャしてしまおうという恋人同士を歌っている曲です。 アマポーラ:ジミー・ドーシー楽団• 情熱の花:カテリーナ・ヴァレンテ• 後年、リバ イバル、映画などでも使われる「ラスト・ダンスは私に」。 エンドレス・ラヴ:ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー• 1962年7月に発売された『VACATION』は、 日本でもさまざまなアーティストからカバー曲が出されたことがきっかけで、知名度を上げて大ヒットとなりました。 ジェルソミーナ:スリー・サンズ• 聖者の行進:ルイ・アームストロング• *「谷間に3つの鐘がなる」も懐かしいけれど、この年のヒット「マック・ザ・ナイフ」「星を求め て」なども60年代のラジオ番組のテーマに使われることが多かったように思います。

もっと

最高に懐かしい邦楽ヒット曲18選 【70年代~90年代:男性編】

Je suis malade(ジュ・スイ・マラード) — セルジュ・ラマ Serge Lama すいません、実は私もサビしか知らなかったのですが こちらも会話の端々で「Malade」という単語が出るたびこの曲を歌うという恒例行事がありまして… (ってまるで変態家族みたいですね。 The Beatles• 今日を生きよう:グラス・ルーツ• その名曲は現代でも多くの人たちに愛され続けています。

もっと

60・70年代フォーク・歌謡曲

Otis Redding• おそらく、それは 小~(中学生)であった時期とお子さんがそれと同じ時期にいっしょに TV見、歌を歌った時期かと思います。

もっと