消費 者 基本 計画。 消費者行政最先端~消費者基本計画にパブコメをだしました

企業と消費者、協働促すハブに―消費者庁 伊藤長官(オルタナ)

策定の趣旨• 3 関係機関との連携の強化 重要課題5. 消費者基本計画は、消費者の利益保護などを目的とし、今後5年間の重点施策を掲げたものである。 就業を可能にする機器やソフトの開発及び普及を行い、就業機会の拡大を図るとともに、障害の部位・特性等に配慮しつつ、IT技術を活用し、障害者がこれらの支援機器等の操作に習熟するための効果的な職業訓練を推進する。 計画の評価・管理• 市町村と連携し、地域の実情を踏まえた相談体制の充実• 障害者の職業能力開発については、一般の公共職業能力開発施設における障害者の受入れを一層促進するとともに、施設のバリアフリー化を推進するなど障害者の受入体制の整備を図る。

もっと

消費者基本法|条文|法令リード

当然、企業のビジネスモデルも変えていく必要があるだろう。 添付ファイル• 従来は株主と事業者の関係が強かったのですが、今では、事業者は株主だけでなく、顧客や地域社会、NGO、取引先などから時として厳しい視線を受けます。 アジア太平洋地域における域内協力の強化 三 分野別施策の基本的方向• 「障害者は施設」という認識を改めるため、保護者、関係者及び市民の地域福祉への理解を促進する。 総合的かつ効果的な施策の推進 (1) 行政機関相互の緊密な連携 国及び地方公共団体における教育、福祉、医療、雇用・就業等の関係行政機関相互の緊密な連携を確保する。 また、障害者が、就業を行う上で必要な各種の資格の取得において不利にならないよう、高等教育機関等の試験等で必要な配慮を進める。

もっと

消費者基本法|条文|法令リード

重点施策実施計画• 厚労省の審議会の議論も注視しながら、公共料金としての水道料金への監視をすすめてください。 4 関係機関等との連携の強化 重要課題4. また、個々の障害者に適切なサービスを提供する観点から、高齢者施策など他の関連制度との連携の在り方について検討する。 精神障害者施策の総合的な取組• WHO(世界保健機関)で採択されたICF(国際生活機能分類)については、障害の理解や適切な施策推進等の観点からその活用方策を検討する。 家族と暮らす障害者について、その家庭や家族を支援することとし、特に、障害児の健全な発達を支援する観点から、家族に対し、療育方法などの情報提供やカウンセリング等の支援を行う。 障害の重度化を予防し、その軽減を図るため、障害の早期発見及び障害に対する医療、医学的リハビリテーションの提供を推進する。 予めご了承ください。

もっと

第3次千葉県消費生活基本計画の策定について/千葉県

測ることが現時点で一番確実な風評被害防止策であると考えます。 特商法改正議論もふくめ、保護法益は消費者利益であるべきところ事業者の介入が多いと感じられます。 本記事は「」から提供を受けております。 消費生活基本計画(平成28年度から平成32年度)の実施状況• もともと、消費者は企業と比べて圧倒的に弱い存在で、消費者は「保護すべき存在」という位置付けだった。 平成25年4月1日内閣総理大臣決定• 今般、委員会の場において示された指摘も踏まえ、より的確に第4期消費者基本計画についての検討を行うことができるよう、構成案について、本日から9月3日まで、御意見を募集いたします。 わかりやすくまとめた冊子などにより、制度についてていねいな説明を求めます。 社会的及び職業的自立の促進 障害のある子どもの社会的・職業的自立を促進するため、教育、福祉、医療、労働等の幅広い観点から適切な支援を行う個別の支援計画の策定など障害のある子ども一人一人のニーズに応じた支援体制を構築する。

もっと

消費者行政最先端~消費者基本計画にパブコメをだしました

また、「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律(平成6年法律第44号)」及び「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律(平成12年法律第68号)」が制定され、建物、交通分野でのバリアフリー化に向けた制度が整備されるとともに、障害者の社会参加を阻む「欠格条項」の見直しが行われた。 消費生活の安全・安心の確保• 文科省、厚労省とも連携した、子どもたちのための豊かな食生活を支える政策を望みます。 人権が尊重され能力が発揮できる社会の実現を図ることは、少子高齢化の進展する我が国において、将来の活力を維持向上させる上でも重要である。

もっと

企業のSDGs推進、消費者巻き込め

また、障害者職業総合センターにおいて、障害の特性に応じた職業リハビリテーション技法等の研究開発を推進する。 オ 障害者の雇用・就業を行う事業の活性化 障害者雇用等の社会的意義を踏まえ、国の行う契約の原則である競争性、経済性、公平性等の確保に留意しつつ、官公需における障害者多数雇用事業所等及び障害者雇用率達成状況への配慮の方法について検討する。 イ 住宅等の防災対策 行政機関と福祉関係者等の防火対策推進協力者とが連携し、障害者等の所在の積極的な把握や訪問診断等役割に応じた防火対策を推進する。 在宅就業を行う障害者の仕事の受発注や技能の向上に係る援助を行う支援機関の育成、支援等の充実を図る。

もっと

消費者基本計画等

今回の改訂は、こうした変化を踏まえた。

もっと

大阪府/大阪府消費者基本計画(平成27年3月)

(1)基本方針 (2)施策の基本的方向• また、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士などリハビリテーションに従事する者、ホームヘルパー等の質的・量的充実を図る。 また、文化芸術活動の公演・展示等において、字幕や音声ガイドによる案内サービス、利用料や入館料の軽減などの様々な工夫や配慮等を促進する。 障害の特性を踏まえた施策の展開 個々の障害に対応したニーズを的確に把握し、障害の特性に応じた適切な施策を推進する。 社会全体でのバリアフリー化を推進する観点から、企業、市民団体等の取組を積極的に支援する。 ・消費者団体 消費者にとって必要な情報収集と提供、啓発活動を行うとともに、消費者の声を集約し、表明していくことも必要。

もっと

第3次千葉県消費生活基本計画の策定について/千葉県

また、地域における効果的かつ効率的な施策推進の観点から、高齢者、児童等に関する他の計画との整合性に留意する。 このたび、一橋大学大学院の名和高司客員教授から助言を受けながら、その考え方にSDGsの指標も加えて、将来世代のことも踏まえた経営を新たな消費者志向経営としました。 関連リンク• 今般、上記検討会において、第4期消費者基本計画を策定するに当たって配慮すべき重要な視点について、現行の第3期消費者基本計画には十分に盛り込まれていないものを中心に、中間取りまとめが行われました。 新型コロナウイルス感染症の拡大についても言及している。 精神障害者施策の総合的な取組 精神障害者に係る保健・医療、福祉など関連施策の総合的かつ計画的な取組を促進する。 1 県内の消費生活に係る相談件数や既払額は高い水準で推移し、60歳代以上の相談が全体の4割以上となっており、身近な消費生活相談体制の強化・周知や、被害防止に向けた地域の見守り体制の強化、事業者指導の強化、適切な情報提供などが重要となっている。

もっと