ドネペジル 塩酸 塩 od 錠 5mg。 ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「明治」

医療関係者向け情報:ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「サンド」|サンド株式会社

最初の試験の死亡率はドネペジル塩酸塩5mg群1. 併用薬剤のチトクロームP450(CYP3A4)阻害作用による。 使用する場合は授乳を中止して下さい。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

用法・用量 (添付文書全文) 1.アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制:ドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。 ドネペジル塩酸塩OD錠についての質問です。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「日医工」

• 短所は3mgから5mgに増量しなければならないこと、循環器系や消化器系の副作用が多いこと。 本剤がアルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていない。 、 また、ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「アメル」について、「含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン(平成18年11月24日 薬食審査発第1124004号)」に基づき、ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「アメル」を標準製剤としたとき、溶出挙動が等しく、生物学的に同等とみなされた。 また、悪化した人の割合は、実薬群で20人(17%)、プラセボ群で48人(43%)でした。 4).中枢・末梢神経系:徘徊、振戦、頭痛、眩暈、昏迷。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「日医工」

アルツハイマー型またはレビー小体型認知症の治療に用います。 他の認知症性疾患との鑑別診断に留意する。 厚生労働省『処方せんに記載する一般名処方の標準的な記載(一般名処方マスタ)について』の一般名処方マスタに基づく。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

低カリウム血症• 心筋梗塞、心不全 冷や汗、急激に胸を強く押さえつけられた感じ、狭心痛、息苦しい、からだがだるい、全身のむくみ、横になるより座っている時に呼吸が楽になる、息切れ、動く時の動悸 3. レビー小体型認知症における精神症状・レビー小体型認知症における行動障害に対する本剤の有効性は確認されていない。 1.洞不全症候群、心房内伝導障害及び房室接合部伝導障害等の心疾患のある患者[迷走神経刺激作用により徐脈あるいは不整脈を起こす可能性がある]。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠についての質問です。母が飲んでいる薬が、昨年10...

認知症専門医の立場からも、一番スタンダードと思います。 医療従事者、家族などの管理のもとで服用すること。 7).泌尿器:BUN上昇、尿失禁、頻尿、尿閉。 2.開封後防湿。 ご家族や介護にあたる方は、下記のような症状をふまえ、体の様子を注意深く見守るようにしましょう。 心筋症• 非ステロイド性消炎鎮痛剤[消化性潰瘍を起こす可能性がある コリン系の賦活により胃酸分泌が促進される ]。 (40歳代病院勤務医、神経内科)• 泌尿器:BUN上昇、尿失禁、頻尿、尿閉。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「DSEP」の効果・用法・副作用

心筋梗塞、心不全:心筋梗塞、心不全が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック、失神:QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック(洞房ブロック、房室ブロック)、失神が現れ、心停止に至ることがあるので、このような症状が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 ・洞不全症候群、心房内及び房室接合部伝導障害等の心疾患のある方 ・消化性潰瘍の既往歴のある方 ・非ステロイド性消炎鎮痛剤投与中方 ・気管支喘息又は閉塞性肺疾患の既往歴のある方 ・錐体外路障害(パーキンソン病、パーキンソン症候群等)のある方 その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠または妊娠の可能性がある方は使用を控えて下さい。 60 先発製品名 アリセプトD錠5mg 先発会社名 エーザイ 先発薬価 円 237. 低置換度ヒドロキシプロピルセルロース• 錐体外路障害 パーキンソン病、パーキンソン症候群等 のある患者[線条体のコリン系神経を亢進することにより、症状を誘発又は増悪する可能性がある]。 急性腎障害:急性腎障害が現れることがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 • 2.レビー小体型認知症で日常生活動作が制限される錐体外路障害、あるいはレビー小体型認知症で薬物治療を要する程度の錐体外路障害を有する場合、本剤の投与により、錐体外路障害悪化の発現率が高まる傾向がみられていることから、重篤な症状に移行しないよう観察を十分に行い、症状に応じて減量又は中止など適切な処置を行う。 (50歳代病院勤務医、消化器内科)• 逆に効果が弱くなってしまうこともあります。

もっと

ドネペジル:アリセプト

0gまで減量できる。 中枢性抗コリン剤 トリヘキシフェニジル塩酸塩 ピロヘプチン塩酸塩 マザチコール塩酸塩水和物 メチキセン塩酸塩 ビペリデン塩酸塩等 アトロピン系抗コリン剤 ブチルスコポラミン臭化物 アトロピン硫酸塩水和物等 本剤と抗コリン剤は互いに干渉し、それぞれの効果を減弱させる可能性がある。 非ステロイド性消炎鎮痛剤 消化性潰瘍を起こす可能性がある。 (保管上の注意) 1.遮光。

もっと

ドネペジル塩酸塩OD錠についての質問です。母が飲んでいる薬が、昨年10...

そのほか、最近、筋肉が障害を受ける「横紋筋融解症」が報告されています。 慎重投与• 血液:白血球減少、ヘマトクリット値減少、貧血。 - 上記以外。 その他:CK上昇 CPK上昇 、総コレステロール上昇、トリグリセリド上昇、アミラーゼ上昇、尿アミラーゼ上昇、倦怠感、むくみ、転倒、筋痛、体重減少、顔面紅潮、脱力感、胸痛、発汗、顔面浮腫、発熱、縮瞳。 アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症では、自動車の運転等の機械操作能力が低下する可能性がある。 病気や症状に応じた注意事項• それで、専門の方がいたら、気軽に教えていただけたらと思いまして、良かったら、教えてください。

もっと