江戸 切子 堀口。 堀口硝子

お知らせ

シューイチ!(日本テレビ 2015)• しかし、江戸切子の世界では、そうして合わなくなったものを「味がある」とは評価しないのです。 SANKEI Express(2014)• そこは「堀口切子」の仕事場、伝統工芸士・堀口徹さんが作り上げた「ホワイトベース」と名付けた空間。 三澤世奈さん経歴と切子職人になった経緯は? 出典: 名前:三澤 世奈(みさわ せな) 1989年群馬県生まれ。 それだけ、 ご自分が好きなことだったのですね。 2012(平成23年) 三代『秀石』、経済産業大臣より伝統工芸士の称号認定を受ける。 全国のデパートや百貨店では、 美術工芸品売場のお取り扱いになります。

もっと

三澤世奈(江戸切子女性職人)の経歴|作品購入方法は?堀口切子について

産経新聞 Fbi Culture+(2018)• 残念ながら堀口徹さんは独立したばかりだったということもあり、そのタイミングでは願いは叶いませんでした。 カット時の感覚によりよろけ具合や余白が変わるという、規則性のある柄が一般的な江戸切子の中で新鮮なアイテムだ。 現在につながる精巧なカット技法が継承されたのは1873年(明治6年)官営の品川硝子が設立され、1881年(明治14年)には切子(カット) 指導者として英国人エマヌエル・ホープトマン氏を招き、数名の日本人がその指導を受けました。

もっと

お知らせ

初代秀石である祖父は、自分が小学1年生のときに他界していますが、もともと住まいのすぐそばに堀口硝子があり、物心ついたときからたびたび出入りしていました。 堀口徹氏は、「三代秀石 堀口徹 ガラス作品展(日本橋髙島屋)」等の日本における展覧会や、ニューヨークやパリ、ロンドン・在英国日本国大使館など、海外においても作品を発表し、高い評価を受けています。 三澤世奈さんは、小さいころから器用で、 好きなものを作って人に喜んでもらうことを 仕事にしたいと思っておられ、 それを「江戸切子」を通して実現されています。 すごい歴史がある伝統工芸品なんですね。 江戸切子とは 天保5(1834)年、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛がガラスの表面に彫刻を施したのが、江戸切子の始まりという。 芸術新潮 10月号(新潮社 2012)• やりたいことがいっぱいありました。

もっと

お知らせ

その時に喜んでもらったのが嬉しかったという三澤さん。 古くはガラスのことを瑠璃(るり)と呼んでいましたが、江戸時代には、びいどろ、ギヤマンとも呼ばれるようになりました。 「職人」と聞くと、おそらく多くの人が年配の方を想像すると思いますが、切子職人の仕事はスポーツ選手に近いところがあり、視力や体力が結構なウェイトを占めます。 これには理由があるようです。

もっと

江戸切子職人 三代秀石・堀口 徹|笑顔を生み出す江戸切子を創り続ける

ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね。 カットがものをいう江戸切子の世界において、あえてカットを減らしたアイテムが多いのはそのため。 2009(平成21年) ポーラ化成工業創立80周年記念事業として化粧品容器を江戸切子で製作。 また、彼氏で検索すると堀口徹さんとのツーショットばかりが出てきてしまいます。 亡き祖父の技を追いかけ、「守破離」の道を歩む 矢来、菊、麻の葉など、繊細な文様が施されたガラスの器が、光を受けてきらきらと煌めく。

もっと

三澤世奈(江戸切子女性職人)の経歴|作品購入方法は?堀口切子について

だから「時代を学ぶ」ということはとても大切で、これからもどんな経緯で今に至っているのかまで考え、作品に向き合いたいと思っています。 JAPAN NEWS(2016)• とても洗練された工芸品を扱っていて、ギフトとしても申し分ありません。 現在の親方である堀口徹さんに弟子入りして5年の月日を経て、自身のブランド「SENA MISAWA セナ ミサワ 」を立ち上げ立派な切子職人として活躍されています。

もっと

堀口切子の江戸切子

江戸切子の販売店のまとめ 長くなったので、ざっくりとまとめてみます。 そこでは、 伝統的な色や柄ではなく、 不透明な色やマットな質感を取り入れて、 自分が純粋にやりたいことを表現したそうです。 どんな作品を作られているのかも調べてみました。 週刊新潮(2014)• 目を酷使する現代社会に生きる人々に「ひとみ・すこやか」な生活をサポートする。 堀口徹さんの弟子となり、 厳しい条件の中で働いてこられながら、 楽しいという気持ちが強かったそうです。

もっと

お知らせ

・重ねる場合は、間に柔らかい紙や布などを挟んでキズを防いでください。

もっと

江戸切子はどこで買える?通販可能な店舗も!正規品を扱う販売店一覧

・電子レンジ、オーブンのご使用は、破損の原因となりますのでご遠慮ください。 代々の職人たちが、その技を磨きあった東京の下町において、現代に生きる人たちをイメージした白黒のグラスをつくったり、透明のガラスに一本のカーブを切った作品など、斬新な「今」の形を刻む江戸切子職人が堀口徹氏だ。 切子体験もできて、江戸切子について詳しくなれるお店です。 大変申し訳ございません。

もっと