キャロット 募集 馬 2020。 179.キャロ募集2020 VOL.11 キャロットクラブ2020募集馬考察(募集番号61〜) なんでも65点|ヒトクイ|note

179.キャロ募集2020 VOL.11 キャロットクラブ2020募集馬考察(募集番号61〜) なんでも65点|ヒトクイ|note

人気の伸びが少ない仔もいますから、現時点では入れ替わりもあると思います。 人気の可否 人気上位でしょう。 き甲から肩のラインをみるとマイル寄りの傾斜をしているなと感じました。 23 エールデュレーヴの19 5月生まれだけに動き次第ですね。 いつか四代所有とかしてみたいと思います。 個人的には正直出資は見送りますが、 モーリス産駒でここまで小さいと逆に面白いかもしれません。 ジンジャーパンチの2019 性別: 牝 父: 兄姉:、ポタジェ 生産者: 生年月日:2019年4月4日 コメント 評価 :号の半妹。

もっと

キャロットクラブ2020募集馬 最終結果

54 シェリールの19 少なくなってきましたが、やっぱり母父「サンデー」は特別感がありますよね。 この馬に出資続けることができれば、一口馬主は最高な生活をすることができます。 今回は、 「キャロットクラブ2020年度の募集馬リストが発表」されたことと 「キャロットクラブ注目馬を評価してみた」ので紹介します。 母親優先。 写真もとてもしっかりした感じに見えます。 今年の自分の最優先は5口いきたいので、必然的に申し込むなら一般で1口か2口になるかなあと思います。

もっと

キャロット2020年度募集馬評価 9/28最終

この仔もそれに因んだ名前がつきそうです。 さすがにそのまま募集されていても1次満口はないかな・・という感じの馬たちでした。 重要なファクターは以上となります。 やはり、母馬優先枠がある以上、入会して歴の浅い方、母馬優遇の権利を持っていない方は牝馬中心に出資されるのが長期的視線から見ても、将来有利に働くことでしょう。

もっと

【キャロットクラブ】2020年度募集馬リストが発表|気になる注目馬は!?

動画では首を激しく動かし、気性の心配はありましたので、それにより調教に遅れなどの影響があるか、 直接クラブへ問い合わせましたが、ここに関しては 「影響はありません」という回答がありました。 母父ティンバーカントリーは、芝ダート兼用に走るので、とても見極めが大切になってくるかもしれませんね。 クリソプレーズの2019 性別: 牡 父: 兄姉:、、クリソベリル 生産者: 生年月日:2019年5月5日 コメント 評価 :活躍馬を輩出した母の ラップ。 厩舎は、今年絶好調の杉山厩舎になりました。

もっと

2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【キャロットクラブ】

[…]. 人気になるでしょう。 また、自身の血統診断内容も決して悪いわけではないですし、勝ち上がりはよく母系も異常に良いので、他クラブでもA評価と言ったところです。 これだけ良いなあと思っていても、最優先じゃないと、縁がなさそうなのはキャロットの仕組みの辛い所です。 サンビスタの19 牡 (父)ロードカナロア(母父)スズカマンボ (西)松永幹厩舎 8000万円(1口)20万円 (馬体重)401(体高)154(胸囲)170(管囲)20. 4 【評価】オープンクラス (骨格) A(筋肉) A+(血統) B+(厩舎)B(回収ライン)オープンC 53. 8月25日 火 カタログPDF版とDVD収録動画をクラブHPにて公開 8月27日 木 測尺・予定育成牧場一覧表を公開 9月03日 木 1次募集開始・募集馬最新動画公開 9月07日 月 1次募集中間発表 9月09日 水 1次募集申込締切 カタログPDF版の公開、測尺・予定育成牧場の一覧表などが出ますと、冒頭のExcelにさらにデータを追加して、絞り込み、あるいは検討馬を追加してなどいよいよあと2週間後には本格的に今年のキャロット馬の検討が開始されますね。 母ジュモーは現役時代ダート1700㍍で三勝。 39 ロザリンドの19 うーん、母優先について色々考えさせられる繁殖です。 人気の可否 そこそこ人気でしょう。

もっと

キャロット2020年度募集馬評価 9/28最終

馬体感によっては人気になる馬でしょう。 48 シンハライトの19 この一族はやはり今後も繁栄しそうだなと思います。 バランスも考えて牡馬2頭くらいきてほしいですね。 そして、個人的に一番信頼している音無厩舎(本当にお世話になっています。

もっと

キャロット2020年度募集馬評価 9/28最終

そのシンハリーズから出た重賞馬リラヴァティの第2子。 。 5万円 (馬体重)421(体高)155 (胸囲)172(管囲)19. 個人的にはこの項目が1番引っかかっりました。 ただ、歩様を見たときに前脚の出方の可動域が若干狭いかなという印象を受けます。

もっと