手 に 余る 例文。 「手に余る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

手に余るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

原形は「ほねをおる」となり、漢字では「骨を折る」となります。 (出典:赤川次郎『くちづけ 下』) ・ 失ったものはあまりに大きく、代償として得たものはどこまでも 手に余る。 「お手を煩わせる」は尊敬語または丁寧語で目上の人に使える 接頭語「お」または「ご」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなります。 (出典:中村正『元首の謀叛』) ・それにどうやって対抗すればいいのか、陽子と亜紀には 手に余る問題だ。

もっと

「お手を煩わせる」の意味とビジネスメールでの使い方、敬語、類語を例文付きで解説

ちなみに、「役不足 やくぶそく 」という言葉と混同されて使われることがよくあります。 自分の力では及ばない様子を表します。 書類の受け渡しが多いビジネスシーンでは、「ご査収の上、お手すきの際にご検討いただけますでしょうか」という例文を覚えておくと役に立つことでしょう。

もっと

「手に余る」の意味と使い方・例文・語源・対義語・敬語表現

ただ「お手を煩わせる」は堅い表現なので、親しい上司に対して使用するには少し堅苦しすぎるかもしれませんので注意しましょう。 本題の前にクッション言葉を一言添えることで、相手に柔らかい印象も与えられます。

もっと

【慣用句】「身に余る」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

身の丈に合わない:その人の状態にふさわしくないさま。 このように、「手に余る」の「手」は、自分の能力や抱えきれる量を表しています。 「手に余る」は、自分の能力が足りず、処理しきれない時に使います。 「お手を煩わせる」の場合は、相手の動作・作業を敬う表現なので「尊敬語」とも取れますし、単に「手」を丁寧にいっている「丁寧語」とも取れます。 「手に余る」ということわざは、短い言葉ですが簡単に厳しい状況を伝えることができます。

もっと

「手に余る」の意味と使い方・例文・語源・対義語・敬語表現

「more than」は「~を超える」もしくは「~以上の」という意味になります。

もっと

手に余るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

喜びよりも、恐れ多い気持ちが大きい心境を表す言葉。

もっと

“手”のいろいろな読み方と例文|ふりがな文庫

特に子どもの質問には、正しく答えてあげたい!ですからね。 与えられた役割や仕事よりも、実力の方が勝っている時に使います。

もっと