書留 と は。 書留とは?種類は?簡易書留と一般書留の違いや使い分け方!

書留

出す時の注意点 「簡易書留」は、宛名と被らないように書く 朱書きした部分は、四角で囲い、目立つようにします。 クレジットカード会社などの大口顧客が、大量の郵便物を、簡易書留よりも料金が安い配達記録郵便で出していた。 違う点は 簡易書留の場合は、最初に荷物を引き受けた郵便局と最終的に送り先に配達した郵便局の2つの郵便局だけが表示されます。 「簡易書留」は荷物や書類を引き受けた時間 発送証明 と配達状況 配達証明 を記録してくれる郵便で、上限5万円までの補償がついています。 最近のコメント• 別途、郵送料が必要となります。 ・舞台などのチケット 上記表の通り、 一般書留は500万円まで補償されるため、貴金属などの高額商品を送る場合は一般書留で送るほうが安心です。

もっと

簡易書留とは?一般書留との料金や送り方などの違い [総務・人事] All About

配達日指定をする場合の料金は、 日曜と祝日は210円、 それ以外の日は32円かかります。 一般書留と現金書留は「荷物を出した郵便局」「出した時間」「荷物が到着した郵便局」「着いた時間」「どの郵便局を経由したか」を記録してくれます。 市販されている封筒を使って、宛名も同じように書きます。 なお、書留であっても配達までにかかる日数は普通郵便と同じです。 ですが、郵便で請求をすることがなければ、あまり利用する機会もないでしょうから、そもそも購入の仕方からわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もっと

【簡易書留の書き方の手書き例】黒字か朱書きか?書く時のポイントも紹介!

郵便料金支払い後は、申し込み時に記入した差出票の控えをもらいます。 差出票は2枚綴りの複写式で、2枚目が受領証となっています。

もっと

書留郵便

追跡サービスの有無• 「書留」の430円とは、120円の差があります。 ゆうメールでは基本運賃に370円(税込)追加となり、ともに補償されるのは10万円まで。 特殊取扱料金は一律で320円。 郵便事業だけでなく、 役所の機能の一部を請け負うような形になっています。 一般書留とは? 現金以外のものを送りたいときは一般書留を利用します。 21円で5万円増額可能となっており、上限は500万円です。 書留の受取方法は?日曜休日配達・受取人不在時の再配達にも対応 書留は日曜・休日も配達してくれます。

もっと