琴線 に 触れ。 「琴線に触れる」とは?誤用が多い!?類語や例文もご紹介!

【琴線に触れる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【例文】 ・彼の作る音楽は、聴衆に訴えるものがある ・前衛的な絵画は、何を描いてあるかはよくわからないが、心に訴えるものがある 心に刻まれる 「心に刻む」には、「 深く心に留めて忘れない」「肝 きも に銘じる」といった意味があります。 これが一番しっくり来ます。 (あの映画に心を打たれた。 伯牙(はくが)という琴の名手がいました。 信頼しあっているからでしょうか、鐘子期は伯牙の琴の音を聞いただけでその曲に込められている、彼の心情や趣意を理解し感動していたのです。

もっと

「琴線に触れる」とはどういう意味?語源由来も解説

小説やエッセイなら、ふさわしい言葉を探すところから書く人のセンスで行うべきものだと思います。 「琴線」は「きんせん」と読みます。 2020年の名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る当企画。 心の中の踏みこまれたくない部分にふと触れられてスイッチが入ってしまった・・・というような。

もっと

「琴線に触れる」の本来の意味・使い方は?

「逆鱗」は、自分の触れられてくないこと、コンプレックスや過去の汚点などに触れられて激怒してしまう様でしょうか。 決して難しい言葉ばかりでなく、日常的に使われている言葉も含まれています。 周の時代に伯牙(はくが)と鍾子期(しょうしき)の 故事から生まれたものであり「君が琴を聴く耳は私の心の中とそっくりだ」(『列子』「湯問第五」)と言ったことが語源とされています。 「ことせん」は誤った読み方であることを覚えておきましょう。 皆さんは「彼の言葉は私の琴線に触れた」という例文を見た時に、どのような意味だとして捉えますか? もしも 「気に障る」や「癪 しゃく に障る」などという意味で捉えたのであれば、その使い方は間違えています。 ここからも分かるとおり、「琴線に触れる」とは全く逆の言葉なので、混同しないように気を付けましょう。

もっと

【琴線に触れる】の意味と使い方の例文(慣用句)

「琴線」の意味 琴線はそもそも「琴の糸」を表す言葉です。

もっと