アーサー c クラーク。 クラークの三法則

アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」が死ぬほど面白いという話【GW推薦図書】

2014年 『叛逆航路』 Ancillary Justice• しかし、地球上にはすでに生命の気配すらない。 『失われた宇宙の旅2001』 The Lost Worlds of 2001 (1972年) ハヤカワ文庫SF• 『地球光』 Earthlight (1955年)• 人類初の原子爆弾の爆発に始まり、つぎつぎと核爆弾を使っている人類が、いずれ、宇宙のほかの者たちに害をなすのではないか、と心配していたのだ。 2005年11月14日、スリランカ政府が文民向けの最高勲章 Sri Lankabhimanya を授与• これらは1962年の『未来のプロフィル』にまとめられている。 人々の未知なもの、未確認なものへの興味は尽きることがありません。 コロンボの大学に通うランジット・スーブラマニアンは、ティル・コネスワラムというヒンドゥー教寺院の僧院長をつとめる父をもっていたが、宗教よりも数学に興味をいだいていた。

もっと

偉人 アーサー・C・クラーク 名言集(英訳付)|心の常備薬

「センスのよい好奇心」……偏狭さを超えて、瀬名さんのいうように、科学と文学と哲学をバランスよく統合しながら、今後も「人間の未来」を名著を通して考え続けていきたいと切に願っています。 言わずとしれた金字塔! 『2001年宇宙の旅』はタイトルを目にすると、あの壮大な音楽が頭の中で流れ出す!という人もいるかもしれませんね。 2009年8月16日閲覧。 2010年7月13日閲覧。 また、仏教思想に共鳴した「人類の宇宙的進化」を壮大に描く作品群も特徴として挙げられる。

もっと

アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」が死ぬほど面白いという話【GW推薦図書】

Arthur C. たとえ進歩的な方向が明確であったとしても、そこに全ての人たちが手を取り合って歩んでいけるわけではない、しかもそれが必ずしも愚かさとは言えないというのは、様々な示唆を含んで読者に提示される光景です。 少年時代から星や宇宙に興味を持っており、SF雑誌との出会いを経てSF小説を書くようになります。

もっと

楽園の泉(A.C.クラーク) (らくえんのいずみ)とは【ピクシブ百科事典】

もちろんぶつかってしまっては甚大な被害が予想されるわけで、人類は小惑星への対処を求められています。 1950年代にこれを想像出来ていたクラークの想定力は、本当に物凄いとしか言いようがありません。 1980年代から90年代にかけて、テレビ番組 、 、 でクラークの名は一般に浸透した。 アシモフと、もし「最高のSF作家は誰か? いわゆる作家読みです。 『』 A Fall of Moondust ()• 三児の父。 アーサーcクラークの性格は、思い切りのいい英国紳士を思わせます。 超常現象に対する姿勢 [ ] クラークは若いころを好み、『幼年期の終り』の着想の原点の1つが超常現象だと述べていた。

もっと